不動産の買い替え。売り買い、どちらが先か

実は、ここ最近、買い替えのことで数名の方からご相談がありました。

いい機会なので、書いてみようと思いました。

参考になるといいかなと思います。

 

不動産の買い替えをする時、

●売却先行

 売却を先にしてから、購入すること

●購入先行

 購入を先にしてから、売却すること

 

を検討する必要があります。

この両者には、各々メリットとデメリットがあります。

 

実は、私も失敗談があります。

お客様に対し、両者のメリットとデメリットを説明し、

予算に余裕があるからということで、購入先行をしたことがあります。

私がプロとして強制的に売却先行にしたほうが良いですよ!と強く強く言ってあげれば良かったかもしれない、、、という経験が一度あります。

 

最終的には、引っ越し後にかなりの期間がかかって、ようやく売れたのですが、

とんとんという結果になりました。

(その理由については、ご相談をいただいたときに個別に教えますね、、、。)

 

とりあえず、ギリギリセーフという感じで、お客様も安心してくれました(笑)。

 

 

不動産売却先行のメリットとデメリット

(府中市)不動産売却先行であれば、先に売却金額が確定します。

手残りの金額が確定しますから、安心感は増えます。

 

購入を考えるにしても、明確になっていることが多いので、

安心して計画が立てやすいメリットがあります。

 

デメリットは、引っ越しをする期間に制限があるので、

それまでには引っ越しをしなくてはいけません。

買い替えで購入先を探す場合には、忙しくなりますし、万一期間内に見つからない場合には、一度賃貸物件に引っ越しをしなくてはなりません。

 

そのあと、購入するという選択肢もあります。

この場合、プラスに考えるならば、じっくりと購入物件を探せるというメリットがあるので、

プラスに考えられる人は、売却先行が安心感があると言えます。

 

 

不動産購入先行のメリットとデメリット

(府中市)不動産購入先行であれば、購入自体は問題ありません。

引っ越し後は、(府中市)不動産売却をするわけですが、物件は空室になるため、案内はしやすくなります。所有者の方も気を使わないで済みます。

 

デメリットは、いくらで売れるかが確定していないため、資金に余裕がないと不安になる点があります。

物件によっては、すぐに売れるわけですが、その反対もあります。

もしも、売れない期間が長期化すると、住宅ローンを二重で組んでいる場合、ちょっと返済がきつくなるでしょう。

資金的に余裕があれば、まったく心配がないのですが、余裕があっても精神的には気持ちつらい状況が続くことが想定されますから、売却先行で資金面をしっかり押さえておくとホントは安心だと思います。

 

 

どちらを選ぶかは、余裕資金次第

不動産売却は、意外と難しいのです。

というのは、自分が住んでいた物件は、自分が気に入って購入しているだけに過大評価する傾向もあり、冷静に判断したときに第三者の評価があまり高くないこともあります。

もちろん、その逆で高い評価をしてくれる第三者もたくさんいるでしょう。

 

しかし、購入者の希望条件が合致しなければ、なかなか成約に至ることができません。

 

ですから、プロである不動産仲介業者の客観的なアドバイスはとても重要になります。

ーーーー

ということで、売却先行か、購入先行か、どちらを選ぶかは、

売却できると想定される金額の最低ラインと残債額のバランスを考慮して決めるべきです。

万一、想定よりも低い金額になってしまったとき、困りますよね。

困ったときには、それを回避するためのアイデアが必要になるのですが、

そう単純ではありませんから、まずは、後で困らないように事前に熟考し、判断しましょう。

 

 

不動産業者の思惑、、、

買い替えの際、購入を先にしたい!

購入をしたい物件が今売りに出ている!

というお客様の場合、

資金計画をして、どう転んだとしても安心だ、という状況でない限りは、

ヤッパリ購入先行ではなく、売却先行にすることが必要です。

もちろん、購入先行にしてもいいのですが、

その場合には、必ず次の文言を購入物件の契約書に入れるべきです。

 

買い替えのため、自宅の売却が●●万円以上で成約しない場合は契約解除できるものとする。

といった停止条件を付けるべきです。

これを明記していない場合、ちょっとリスク感があるので、

そこは、プロの意見を確認したほうが良いでしょう。

 

そして。

購入したい物件があるから先に購入させちゃう不動産業者とすれば、

売り上げが確定するのだから、先に購入させてしまう強者もいるかもしれません。

だって、不動産業者だって売り上げという背に変えられない状況があるのかもしれません。

 

不動産業者選びも慎重にすることが大切です。

 

ようは、営業をする人が、正直に、お客様利益をちゃんと考えてあげられる心が大切であるということですね。

 

 

まとめ

不動産の買い替えは、

購入先行と、売却先行の2種類があります

 

両者ともに、メリットとデメリットがあるので、

よく理解したうえで、無理のない計画をしてください。

 

よくわからないときは、プロに相談しましょう。

相談してみて、本当に安心だと思えたら、業務をお任せしましょう。

 

私の経験談として、いろんな角度からの質問、大いに歓迎です。

いろんな疑問、質問をしてもらって、

本当に安心してもらえれば、あらためて依頼をするでいいと思います。

 

私もそういうスタンスで行動していますし、

みなさまが行動するうちの8~9割以上は事前相談の大切さが占めていると思っています。

 

で、実際に困っている人がいれば、ご相談いただければ、

できること、できないこと、明確に回答いたします。

 

 

スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
土地情報をいち早く欲しい方向け
土地情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
府中市・近隣市区のマンションの資産価値
マンション売出事例がわかる