友人に不動産の相談をしても期待する答えが出ないことが多いので、、、。

 

不動産の事を理解したい時、相談相手を間違えていませんか?

 

不動産のことでわからない事があると不安になると思いますが、そういう時、身近なお友達に聞くことが多いと思います。

これは時間の浪費になることがあります。

それ相当に知識がある友人に聞くことは良いと思いますが、そうでなければ、お友達に不動産知識について聞くのはやめといたほうが良いと思います(私の経験談です)。

なぜなら、間違った情報を聞いたことで、あなたが間違った行動をしてしまい、その結果あなたの損失に結びつくこともあるからです。

 

それよりも、どこの不動産会社から不動産の紹介をしてもらった?とか、

押しが強くなく親身になってくれる不動産屋さん知らない?って聞くのが良いと思います。

 

当社【わいわいアットホーム)では、いろいろな相談を受けるのですが、よくよくお話しを伺うと、不動産知識を全く持っていない方がおります。それとは反対に、変に偏った知識を持っている方もいます。

偏った知識をお持ちの方の場合、ご自身で調べたインターネットの情報も含まれます。もちろん、高額なお取引になるので納得いかないまま進めることはできません。

だからこそ、本音で対応してくれる担当者だったり、親身になって相談業務から対応してくれるプロに相談するほうが結果的には無駄がないですし、変な遠回りもないことになります。

 

プロにも2種類あって、しっかり対応してくれる担当者と面倒くさがる担当者がいます。

 

不動産業者の報酬は、原則成功報酬ですので、成果(不動産売買契約)がなければ成功報酬はいただけません。(コンサルティングということなら有料です。)

 

成果が出なければ成功報酬はいただけないので、相談業務をやりたがらない担当者は沢山いるのです。

特にノルマを課せられている不動産会社の担当者は、売上が最重要課題の為、手間のかかるお客様を面倒くさがる傾向が強くなります。

 

そして皆さんが最も聞きやすい相手は親だと思いますが、親の不動産取引の経験談は、実はかなりの曲者だったりすることもあります。

どうしてかというと、過去数十年前にした取引と、今の取引の根幹は同じなのですが、宅建業の法律、取引のやり方などはかなり変わっています。

ですので、あまりにも過去の取引のお話しは、まったくもって参考にならないことがあります。

もちろん、親の経験談はとても参考になりますので、その経験談を今の状況に変換できれば最高のお話しとなります。

 

親は自分の経験談からお子さんに対して良かれと思ってアドバイスをしてくれているので、まずはしっかりと聞いてみると良いでしょう。

しかし、何度も繰り返しとなりますが、昔と今の法律が違うので、手続きの進め方もところどころ違っていたりしますから、あくまで現代のやり方に変換することが大切です。

 

まずは気軽にプロにご相談。それが第一歩です。

 

相談しても、すぐに売ったり買ったりする必要はないんです。

 

当社【わいわいアットホーム)は府中に根付いてしっかり業務をしておりますので、いつでも気軽にご相談くださいませ。