不動産のこと。これがあれば、より具体的に相談ができます。

 

来店をされるときに、下記の物があるとより詳しく突っ込んだお話しを聞くことが出来ます。

 

住宅ローンもそうです。

より具体的にいくらくらい借入ができるのかが、明確になってきます。

 

1.源泉徴収票

 

2.確定申告書(申告をしている人だけ)

 

3.健康保険証

 

この3つです。

不動産を購入するにも、売却するにもお金の事は切り離すことができません。

 

ムリなお買物は人生を破たんさせることあります。

そのようなお買物はしてほしくないと考えておりますので、現実的に大丈夫なのかを含めてしっかりとサポートいたします。

 

 

買いたい・売りたいの感情と客観的に見た場合にどうしたらいいのかは、意外と違っていたりすることがありますので、その点は、ぜひプロにご相談ください。