不動産購入時の諸費用はこんなものがあります。

 

不動産を購入する時に、物件価格とは別に「諸費用」が必要になります。

それは、以下のようなものが一般的です。

 

1.登記費用(登録免許税とも言います。)

 

・表示登記費用

(建物が新築された際、登記の表題部を登記する税金)

 

・所有権保存登記費用

(権利の登記をしていない不動産に、権利の登記をする税金)

 

・所有権移転費用

(売主から買主へ所有権を移転する際に登記をする税金)

 

・抵当権設定費用

(金融機関に借入をした際、登記する税金)

 

・司法書士報酬

(司法書士の事務手数料)

 

 

2.銀行費用

 

・事務手数料

(そのままです)

 

・保証料

(しいていうなら連帯保証人を肩代わりしてもらうためのお金。前払方式と金利上乗せ型があります)

 

・収入印紙代

(金銭消費貸借契約書等に貼付する)

 

・組合費

(信金等の融資の際に必要な場合がある)

 

 

 

3.仲介手数料

(不動産仲介会社に支払う手数料です)

 

 

 

4.その他

 

・建物解体費用

(古屋付現況引渡しの売地の場合)

 

・収入印紙代

(不動産売買契約書に貼付する)

 

・その他、、、何かあったかな、、、(笑)。