不動産の諸費用(売却)はこんなものがあります

 

不動産を売却する時に、物件価格とは別に「諸費用」が必要になります。

それは、以下のようなものが一般的です

1.登記費用(登録免許税とも言います)

・住所移転登記費用

(登記の住所から、引越をしている場合に必要です)

 

・抵当権抹消費用

(住宅ローンを借りて購入している場合、抵当権設定されているので抹消してから買主様へ引き渡します)

 

・司法書士報酬

(登記が必要な場合のみ必要な事務手数料です)

 

 

2.測量費用

・土地の確定測量費用等

(土地の境界が明確でないときや、測量図があまりに古い場合、必要により測量をします。)

 

 

3.仲介手数料

(不動産仲介会社に支払う手数料です)

 

 

4.その他

・収入印紙

(不動産売買契約書に貼付する)

 

・建物解体費用

(古屋を解体して引き渡しをする場合)

 

・その他には、少しあるケースがありますが、省略いたします。

購入する方に比べると、項目がとてもシンプルです。