今日は、不動産の売却をしようか相談がありました。

今日は遠路はるばる売却をしようかするまいか、という相談がありました。

不思議なご縁で声をかけていただいたのですが、売るか売らないか、ものすごく!迷っているようでした。

 

それで、今の府中や都内の相場観と価格の推移を踏まえてざっくばらんにご説明をさせていただきました。もちろん、私が経験上感じていることも含めてですが。

とりあえず、いくらくらいで売れるのか知りたいという事だったので、その不動産の規模からすると一般のエンドユーザーでは購入をすることはないだろうという規模だったので、業者若しくは法人さんかなと考え、おおよその金額を確認して、ご報告する旨を伝えました。

ところで一般のエンドユーザー様が購入する価格を100とすると、法人、業者が買い取るケースになると、70~85になるケースがほとんどです。

その理由としては、

・大きな不動産は、エンドユーザー価格では流通しないため大きな不動産なりの相場観があること。

 

・買取の場合、ビジネスが目的になるため開発法等による査定になること。

 

などがあります。

 

つまり、商品自体は同じであるはずなのですが、考え方、見方が全く異なってしまうからです。

―――――――――――――――

ところで、所有者様には、たくさんの業者さんから「売らせてほしい」という手紙とかがたくさん来るそうです。

なるほど。大手さんは資本を活かしダイレクトメールをたくさんしているわけですね。

これ、私もその昔、沢山やらされました(笑)。

 

その作業たるやものすごく大変なんです。

地域まわって地図に落とし込んで、公図とって謄本とって封筒に宛名入れて、手紙作って折って入れてまとめて郵送していました。

すんごい作業です。

丸1日作業では当然の事、まったく終わらない、、、。

しかも、その費用たるものすごい額、、、。

ホントに無駄遣いだよねぇって、やりながらいつも思っていましたぁ(笑)。

ところが、数千通もやっていると何軒か売却相談来てしまうんですね(笑)。

 

それでね、当時の上司は努力した甲斐があっただろうみたいなことを言うのですが、いやいや、この作業量はないよ、、、。と思う私でした(笑)。

売却案件を1件もらうための作業で一体どんだけのコストがかかっているのだろうか、、、。

 

上司から指示があって、そういった仕事をするわけですが、その仕事を始めると、手がいっぱいで他のことができないわけです。そうすると「いつまでやってんだ!」って怒られる(笑)。いやいや、それはないでしょうと思う私。

「すみません、もう少し頑張ります!」と言いながら、楽しく気を抜かず本気で集中して頑張って夜は終電。

 

えぇ、これも全てあなたの指示のせいですよ、、、(==;)。

ブラック上司め、、、(笑)。

脱線しましたが、希望に合うようであればぜひご売却を検討していただき、希望に合わないようでしたら売却せずに保有された方が良いかなという風に思いましたので、さて、どうなるかなぁと。

どちらにしても買取り金額は直ぐに出てきますから、その金額を参考に考慮していただいて、判断をしていただければと思っています。

 

楽しみです。