マンション価格に変化が、、、。

最近、都心湾岸エリアのマンションが大暴落している、なんて情報がけっこう多くあります。

近隣では、世田谷区。

こちらは新築マンションがかなり売れ残っているそうです。

目黒、杉並、二子玉川なんかも要注意と言われているそうです。

 

実際のところ、要注意なんて言われているような場合、誰が見てもその兆候が明らかだから、そういう記事を書かれているのでしょう。

世田谷区の新築マンションは、大幅値引きもしているのだとか。

エリアによっては、駅近でも売れないそうです。

 

これって、単純に価格が高騰しすぎているため単純に買えないんですね。

なので中古物件はこの状況に乗って早めに売った方が良いと言われています。

いずれにしても高すぎる物件はだんだん値下がりしていくことになります。

特に全国区の人気エリアは価格の下げ幅が大きくなるんでしょね。

最初の上げ幅が大きいからね。

今後の値下がりは、最低2割、場合によっては半額近くにもなると予想している記事もあり、ちょっとびっくりします。

私個人としては、タワーマンションが安くなったとしても価値観を見出すことはなかなかできません(笑)。

その理由として、私は緑(自然)がないとダメみたいな人なので、そもそもそういう地域に住めません(笑)。

ただそれだけです(笑)。

―――――――――――

府中市のマンションも立地によってはすごく価格が高くて、ちょっと普通のサラリーマンでは手の届かない高嶺の花物件も数多くあります。

府中市も、今や建築ラッシュで次から次へとマンションが建築され、これから着工するマンションもたくさんあります。府中駅前のステーションアリーナは、価格が超高いけど即完売状態だったそうです(これはすごいよね)。

府中市は、毎年人口が増えている街です。

「市街地活性化基本計画」という計画で街の発展を推進しているため、これからますます発展するのだろうと個人的には思っています。

 

人を増やすためには、受け皿(お住まい)が必要なので、活性化計画で街並みを良くして街自体の活性化を推進して、そしてどんどん賑やかで楽しく活気のある街になってほしいなと思います。

 

人が集まれば、より活性化した街になります。

そうなれば、より良い行政サービスができるようになると思います。

 

人が集まる場所って、とても居心地がイイでしょ。

相乗効果でいろんな良いことが増えていくことと思います。

でも、あまりにも賑やかになりすぎるのは、個人的にはつらい(笑)。