不動産購入成約後のお客様より、、、。

以前、マンションのご購入をしていただいたお客様より連絡がありました。

「今度、お礼のご挨拶に行きます」う~ん。感無量です(笑)。

 

久々に、明るい声が聞けたのでうれしいのも当然なんですけど「ホントに良いマンションが買えて、時々松田さんのおかげだね。って夫婦共々よく話しをするんですよ。」って言われたのが、とてもうれしかった(笑)。

 

もう引渡しが終わって、かれこれ1ヶ月くらいたつのかな、引越後の荷物も片付いて快適にお住まいだそうです(笑)。

そうそう。

その時に“アンケート”を持ってきてくれるって言われているんですけど、どんなこと書かれているのか、とても楽しみ(笑)。

 

このお取引の時、物元の大手さんが、とても非常識でいいかげんな事をしてくれたので、当社のお客様もその大手さんに対してカンカン(怒)になっていたんですね。

しかも大手さんのお客様(売主様)も、その事に驚いていてね。

連絡とかホントいいかげんで参りましたね。

まぁ、私の良い経験になったし、全てが丸く収まったので結果オーライでした(笑)。

―――――――――――

でね、私が一番うれしいことといえばやっぱりコレ!お客様がこうやってお取引が終わっても連絡を下さるというのがホントにうれしい事なんです。

この関係が、5年後、10年後、その後もずっと続くとしたら、、、

これってとてもうれしいでしょ。

お取引をさせていただいた方には、その後もずっと責任を持って対応をさせていただきたいと思っていますから、末永く相談をしてほしいと思っています。

――――――――――

私は、本音でズバズバ話しをするんですけど、ズバズバ言うのはお客様を想っての事なんです。(本来は当たり前の事なんですが。)

これ、なんでかっていうと、私が“飛び込み営業”をしていた時代にインターホンをピンポンさせていただいた、たくさんの人に応援や励しをもらったんですけど、時にはバカにされたり、苦情を言われたり、悪口言われたり、皮肉を言われたり、それはいろんなことを経験しました。

 

その当時の上司ときたら“お前には素直さ、謙虚さがないからだ!”くらいのアドバイスしかくれないから、全て自分で解決するしかなかったので、相当本気になって今までにないくらい自分とも向き合いました(笑)。

そして、お客様にその場限りの逃げるウソは言いたくないから真摯にお客様に向き合って、何を求めていて何を希望されているのかを自分がちゃんと知らなくてはいけなかったわけです。

 

つまり、自分の利益・感情は置いておいて、相手側の気持ちにたった対応がどれだけ大切なのかという事をみなさんからたくさん経験をさせてもらっている中で、強く強く教えてもらったんです。

これは当時はとてもつらい事でしたけど今においてはとてもラッキーな事でした。

今は、その時に経験をさせていただいたうれしかったこと、こうすると良かったということを、日々の対応の中でみなさんに提供できるように心がけているんです。

苦労は買ってでもせよ!って言うでしょ。

あれは本当なんだね。

 

そのたくさんの経験の延長に今があって、とてもうれしい気持ちがふっとたくさんあふれるんだよね。

 

全てのお仕事にも言えることですが、不動産取引をサポートするには知識はもちろん様々な事が必要になるのですが、一番大切なのは“心”だと思います。

 

今日はとてもうれしかった(笑)。