初経験!建替再建マンションの契約をしました!

 

初経験!建替再建マンションの契約をしました!

ぱちぱちぱち。

これは結構難易度が高い契約のようでした。

というのも、建替え中である建物が存在していない不動産の取引は初めてだったので法律家に契約書の作成を合わせてお願いしながら進めていきました。

 

う~ん、やはり餅は餅屋ですね。

 

で、今までの経験と、ない頭をフル活用して挑まさせていただいたのですが、たくさんの協力をいただきながら滞りなく契約が完了しました。

でね、その仕組みは。

 

1.元の建物と、土地があります。

 

2.建物が壊されて消滅しました。

 

3.土地には、姿のない建物の権利(権利床)がくっつきます。(権利変換)

 

4.権利変換された土地と、建物の権利(権利床)を売買契約します。

 

5.融資付。

 

6.決済、引渡し。(→ここで売買は完了。)

 

7.建物が完成しました。

 

8.土地についていた姿のない建物の権利(権利床)が建物に戻ります。

 

9.と同時に土地には敷地権が設定され建物と一体の権利となります。

 

10.ハイ、完了!というわけです。

で、今回の取引で今までと一番違ったのは「不動産売買契約書」の条文です。

今まで使ったことがない契約書で、たぶん府中市内の不動産屋さんでもこのひな形を使ったことがある業者ってほとんど無いんじゃないかなって思った(笑)。(不動産仲介会社では使わないからね。)

そもそも「権利床」ってなんじゃ?

「けんりへんかん~ん?」って話しですから(笑)。

現物ではなく権利の取引というわけです。

 

だから、ホントに最初はよくわからなかったんだけど、色々と仕組みを考えて餅屋さんに相談しつつ、建替組合、都庁、管理予定会社、宅建協会、不動産適正取引推進機構等々にも確認をしてなんとかなりました(笑)。

今回は、ホントに良い経験ができました。

 

契約に向けての日数はたったの4日しかなかったので、書類がよくまとまったなって思いました。

これも餅屋さんのおかげ(笑)。

でね。売主様に言われました。

不動産取引はホントにわからないって。

契約書読み合わせしている時でもかなりかみくだいてお話をするのですが、それでも非日常の事だし、そもそもいったい何の事説明してるんじゃ?って感じでしょ。

だから、大金が絡む不動産の取引ってホントに慎重にしないといけないし「この人なら!」って言う信頼ができる人に任せないとやっぱり大変なことになるんだと思います。

 

それに、その人の技量と眼に見えない「のりしろ部分」を持っている人と言うのかな?

そういう人に任せるのが、安心だと思います。

 

それと、未経験のことでも、飛び込んでやってやるという気概を持っている人は良いのかな(笑)。

なに?自分の宣伝だろって?結果的にはそうなるかもしれませんね、、、(笑)。

だって、こんな珍しい取引をさせていただけて、ちゃんとこなすことができたんですから自慢していいと思いますし、胸を張って良いと思いますし、こうやって経験をさせていただけるチャンスを頂けたことが何よりありがたいと思っています。

 

このような取引もできるようになったという事は一応プロなんだなって、今さら思ったりします(笑)。

おかげさまで引き出しが増えました(笑)。

総括すると、たくさんの皆さんが協力をしてくれたからこそ、こうやって無事に契約締結が出来たのです。

だから、当たり前だけども、それは自分の力だとも思わないし協力をして下さった皆様のおかげというこの一言でしかないわけです。

良い経験をさせていただき、売主様にはホントに感謝ですし関わった全ての皆様にありがとうと感謝しています。

ホントにいい経験をさせていただきました(笑)。