めちゃくちゃ、いそがしいぞ。

 

これは、自分的に、ちょっと尋常じゃない。

ほんっと、忙しい。

昨日は朝3時まで書類作成で、今朝は8時に出発。ほんとに目一杯動いているよ(笑)。

なんだろうか、今までご相談をお受けしていた方々が突然一気に動き出した感じ。

なんでなんだろう、とても不思議な感じ。で、1年半前にお問合せをいただいていた方や不思議なご縁で、ご紹介とご紹介チックにお問合せをいただいた方々など、様々なチャネル(道筋)からご相談をいただいております。

――――

でね、昨日電車に乗っていたら、以前マンションを購入していただいたご年配のお客様に電車内でお会いしました。すごく良い笑顔で迎えてくれてうれしかった。で、健康面でちょっと悩みがあったんだけど手術もうまくいったそうで、奥様もとても良い笑顔でなんだか、自分の事のようにうれしかった(笑)。

ご主人は、やっぱりかたくてしっかりした方で、奥様思いの方だと私は思っているんですが、前向きな厳しいお言葉をかけていただいたことが、頭に残っていて、こうやってはっきり言っていただける(ご指導いただける)というのは、うれしいことだと思いだしました。

 

電車を降りていく姿を見ながら、いつまでもご夫婦仲良く過ごしてほしいなって素直に思いました。

――――――

今日は、以前お申し込みをいただいた方に、契約日とその他の確認をさせていただく訪問日でした。

でね、いろんなことを悩んでいました。

で、私は本音で答えたのですが、「私は、契約をした後も、ずっとお付き合いができるようにと考えているので、後悔とか失敗をしてほしくないと考えています。だから、もし、いろんなことで迷われているなら、ムリに契約をしない方が良いですし、購入したいという事であれば、契約をしていただくと売主様にも喜んでいただけるので、とてもうれしいことだと思っています。でも、その決断は私が決める事ではないので、●●さんのご家族にとって、最善の答えを出していただければ良いと思います。私や売主様の事は、気にしなくていいんですよ。」というようなお話しをさせたいただきました。

 

売主様からすれば、契約ができない状態で宙ぶらりんな状態が一番つらいので、今日は白黒はっきりしないといけないと思ったのですが、物件の再見学も含め、3時間弱いろんなお話しをしてしまいました(笑)。

で、話しは今までの人生のいきさつにまで発展(笑)。

お互いに腹を割った本音の話しをしながら、いろいろな悩みとか経緯を打ち明けてくれました。

で、今日この場で、●●様の気持ちがとてもわかったので、さすがの私も白黒はっきりしてほしいとは言い切れず、かといって売主様の気持ちにも応えないといけないという立場の中で、お互いの妥協点を見つけるべく、対応をさせていただきました。

 

最終的に、結論は明日に持ち越しとなりましたが、売主様も事情をご理解くださり本当に良かったと思いました。

でも、明日は私も白黒の判断を迫らなくてはいけないので、きっと今頃悩んでいるのかもしれないなと思ったりもしますが、同じ悩むなら、楽しみながら悩んでほしいと思っています。

でも、私が迫らなくても、●●様自身が、ベストな選択をしていただけると思っています。

 

売主様に対して不誠実と思う方もいるのかもしれませんがそんなことはないでしょう。だって、売主様にも買主様にも幸せになってほしい、喜んでほしいと思っての、私なりの対応なんだから、、、(笑)。