残業時間が減っても何の解決にもならないのでは、、、

 

最近は世の中の風潮で、休みを取ろう!とか、残業はやめようとか、プレミアムフライデーとか、色々と言われています。

休みを取ることは素晴らしい事だと思うんだけど、残業なしにしたり早上がりの日を作るって変だと思うんだな。給料減らしてるのと同義だからね。

週休2日になって、もう何年もたつけど、これはとても画期的だったし、学校が週休2日になったのもとても画期的だった。

当初、学校が週休2日になるって聞いた時は、何考えてんだって素直に思ったんだけど自分が親になると、子供がそばにいるというのはうれしいのは間違いない(笑)。

でも、仕事に関して言えば、ノー残業デーを増やすって言うのは何とも考え違いしているような気がしてならない。

残業をすると、その分給料は上がるよね。

というのは、業務をする時間があれば結果を出しやすくなるということを言いたいわけ。

残業をするな!ってなると単純に強制的に労働時間が減るわけだから生産をする時間が単純に減るんでしょ。

それで、今までと同じように成果を作れる社員って、どんだけいるんだろうか、、、。

営業社員にしてみれば、歩合給の部分って、ますます厳しくなるんじゃないだろうか。みんな、稼ぎたいから汗水たらして仕事しているんでしょ?

それなのに労働時間短くて、成果が上がらなくて給料下がったら、それって何の意味もないじゃんね。

 

残業したってホントは良いじゃん。給料稼がなきゃいけないんだから。残業したことに対して会社がその対価を払わないから問題なんじゃないのかな?

違うの?、、、、、、、。

会社が、ちゃんと残業代払って成果を上げさせれば誰が文句言うんだろうね、、、。

給料を増やしたくない会社が徒党を組んで話しをすり替えているようにしか聞こえないんだよね、私には。

 

給料上がれば貯蓄をする人も増えるけど、使う人だって増えるんじゃないだろうか。

プレミアムフライデーだってさ、公務員の人は良いけどサービス業の人どうすんだろうか?

別の日にプレミアム●●すんのかい?

それって、会社側の都合でそうやっているようにしか見えないんだけど、それって私だけなのかな???

正直、この不動産業界はテキメンだと思うけど、大手ほどキツイよ。

 

残業減って、歩合が減って、給料減って、どんどんやる気なくなるでしょ?

それでなくてもクレーム産業と言われている業界なのに、給料があまりに悪かったら社員はやってられるのだろうか???

売上悪ければ、上司に詰められてローキックされるし(笑)。

 

「ハイキックじゃないだけましだ!!」なんて言われたら笑っちゃうけどね(笑)。

 

残業を減らし、生甲斐・やりがいを奪い、さらに給料も減らしたらやってらんないでしょ?

何で気が付かないんだろう、、、。

この政策は、人のやりがいと生甲斐を奪っているだけだと私は思ってしまうんだけどなぁ、、、。

 

プレミアムフライデーとかノー残業デーよりも、残業代をちゃんと払ってまともな給料を払うのが先決ではないのだろうか。

早く帰りたい時は、早く帰っていいという風通しの良い企業風土がないのが問題なのでは?

 

そう思えて仕方がない、、、。