トイレの止水栓の接続金具、持ってっちゃダメ!

 

先日、決済があって、引渡しを受けた物件。

買主様からハウスクリーニングの依頼を受けていたので、いつもお願いしている業者さんに、お客様が引越しをする前にクリーニングに入っていただきました。

でね、そのクリーニング業者さんがトイレの清掃を始め、水を流すと水が流れない、、、(==;)

なるほど!止水栓が閉まっているからだと判断し、止水栓を開放すると、、、、、、、

 

ブシャァ~~~ッ!!!

 

止水栓とトイレのタンクを繋げる「給水ホース」の接続部分が、すっこ抜けました!!

ブシャァ~~~ッ!!!

ブシャァ~~~ッ!!!

ブシャァ~~~ッ!!!

ブシャァ~~~ッ!!!

で、水浸し、、、。

 

買主様がトイレを使ってから気が付いたら、おそらくパニックになっていただろう(==;)。

ホントに知識ないのなら、後の人に迷惑かかるからホントに気を付けてもらいたいよね。

 

= ↓こういうことなんだ =

 

実は最初にウォシュレットがついていたんだね。

で、ウォシュレットを売主様が外して持っていっちゃったんだ。

その時に、「分岐継手」を持っていっちゃったんだ。

 

そうなると、当然、給水ホースを固定できないから止水栓に差し込んで終了したわけ、、、。

まさに誤魔化し、、、。

(↑これが正しい接続のしかた)

これさ、知識なくやって止水栓を閉じたのは良いけど、その後、買主様がトイレをすぐに使えないという事に、なぜ、気持ちを馳せることができなかったのだろうか。

まぁ経験値が少なかったからという事なんだろうけど、購入した方はたまらないよね。

仮に、業者が外したのだとしたら、何とも知識もなく適当にやっているという事になるし(==;)。

どっちにしても、買主様には不当に迷惑なことよ。

ということでね、これ持ってちゃダメね。

ホントにダメね。

絶対にダメね。

これから売却をする人は特に気を付けて下さい。

 

取り急ぎ水道屋さんをすぐに手配したので、引越当日に修理をすることで解決になりそうなのですが、本当に困った事です。

 

ホントにお願いしますよ、、、。