古い・狭い・安いが人気ってホント?と思ってしまった私(笑)

 

"ワンルームマンションは、「古い」「狭い」「安い」が人気化する”ってタイトルの記事を読んだんだ。

へー、そっか。なんでだろう?ほんとなのかなぁって、興味がすごくわいてしまってね。もしかして、私が考えていることが全然違って、間違いがあるのかもしれないと思って、ちょっとドキドキしながら読んじゃったんだ。

 

人気のない狭小3点ユニットの賃貸ワンルームが「お宝ワンルーム」になるって話しなんだけど、なんでだろうって思ったので読み進めてみた。

 

それで読んだ感想は、コレ!↓

 

筆者は幻想に取りつかれてんじゃなかろうか、、、(笑)。

 

――――――――――――――――

 

(※"私意見”以外は、要約した内容です。)

1.区条例や指導要綱により今後建築するワンルームマンションの最低専有面積は「25㎡以上」になっているから今後狭小の新築ワンルームは供給ができなくなるので希少性が高くなる。

(↑希少な生き物)(私意見:それを希少性と言うんだな、、、(笑))

 

 

2.需要は拡大している。

 

理由

 

(1)若年層の低所得化

家賃が抑えられるメリットを享受できる。

 

(2)外国人居住者の増加

裕福な留学生が1Rに住むケースが増加

 

(3)高齢化

単身者が利便性を求めている(私意見:ある意味納得かも、、、。)

 

 

経年劣化による家賃下落や、築年数が古いことによる出口(売却戦略のこと)の難しさなどの懸念はあるものの供給の絞り込みを考慮すると、むしろこのような物件の方が家賃下落リスクも低く、出口(売却)も現金での買い手が見つかりそう。中古ワンルーム販売専業の会社が見込み客にメール配信をすると同時に問い合わせが入る人気になっています。

(私意見:バカ売れなのね、ほんとかなぁ?)

 

本当に新築狭小ワンルームの建設が東京23区でなくなると、需給関係から価格1000万円程度の中古物件の人気が高まりそうです。

数年後にはマーケットから、築古狭小物件がなくなってしまうかもしれません。(私意見:数年後に無くなるなんてことないし、時代の流れと共に需要が少ないものは需要のあるものへと変化していくのが自然だと思うんだけどね。)

 

(ここまでが要約した内容です)

 

――――――――――――――――――――

 

これ、投資用不動産として購入する人に対しての話しなんだろうね。

それにしても、築古狭小ワンルームで3点ユニットの時代は終わっていると多くの賃貸仲介業者さんが言っていますけどね、、、。

それなのに、「古い」「狭い」「安い」が人気化すると言い切るとは、、、。

もちろん需要が全くないわけじゃないのは知っているけどさ、"人気化する!”って、さすがに問題発言のような気がするよぉ~(笑)。

まぁ、たしかに外国人の需要は都心に関しては増えているのは事実のようですから、まったく間違いとは言えないと思うけど、こと日本人を対象にすると、これって当てはまらないように思いますよねぇ、、、。

 

単に賃料が安いから、その意味で人気があるってだけだと思うよ(笑)。

"希少性”という言葉を巧みに使ったよね。

さすが文章力に長けている方ですこと、、、(笑)。