建物の耐用年数のこと、、、。

 

お家は●年経過すると価値がありませんって記事を見て、ある営業マンの話しを思い出したんだ。

そしたら、すごく腹たったよぉ~(笑)。

 

その時A君が言った言葉はコチラ!↓

 

"あんなボロ物、価値なんてねぇっすよ!!”

あの顔であの言い方は、かなり辛らつだよぉ~(笑)。

本人からすれば、きっと、俺はよく知っているんだぞって言いたいんだろうね(笑)。自信満々な顔で言い放ってたんだけど、そんなことを言うお前ってバカだろって、私は心の中でよく思ったものです(笑)、、、。

とはいえ彼のような考えも、たぶん大切だろうし(笑)。

それはそれで冷静に受け止めております(笑)。

(うんうん、、、)

 

ということで以下の国税庁が記している耐用年数が一つの参考になるでしょうか、、、。

ちなみに、下記の年数は、税法上の耐用年数であって、実際の耐用(寿命)年数を保証するものではないので、一つの目安(考え方もあると言うべきか、、、)として知っておくと良いです。

<減価償却資産(建物)の耐用年数(国税庁)>

――

●事業用(居住用)の木造・合成樹脂造:22年

(マイホーム・セカンドハウスは上記の1.5倍:33年)

 

――

●事業用(居住用)の木骨モルタル造:20年

(マイホーム・セカンドハウスは上記の1.5倍:35年)

 

――

●事業用(居住用)のれんが造・石造・ブロック造:38年

(マイホーム・セカンドハウスは上記の1.5倍:57年)

 

――

●事業用(居住用)のRC造・SRC造:47年

(マイホーム・セカンドハウスは上記の1.5倍:70年)

 

――

●事業用(居住用)の金属造:34年・27年・19年

(マイホーム・セカンドハウスは上記の1.5倍:51年・40年・28年)

 

(※骨格材の厚みによります。)

――(ここまで//)

 

でね、一般的には、木造のお家は30年で無価値になるみたいに言われるんだけど、そもそも上の表を見ると何か変だよね?

 

ね、気が付いたよね!

 

そう!

事業用(居住)用途とマイホーム用途では耐用年数が1.5倍も違うんだ。

耐用年数の考え方って、そもそも、こんな根本的なところが、大きく違うんだよね。

利用の仕方がちがえば減価償却の期間が1.5倍も長くなるって考えはかなり強烈な気がするよね。

 

ところが、リフォームした場合の建物価値増加分の減価償却の考えはまったく無いんだよね。

(そもそも増加分を価値と認める基準がないんだな)

リフォームをちゃんとしていれば、価値は絶対にあるはずだし、それを価値として認める社会を作っていくのが政治なんだろうけど、私、政治には疎い(笑)。

 

わからない、、、(笑)。

 

そもそも首も突っ込めない(笑)。

まぁ、餅屋餅屋に任せて、自分は目の前のことに一生懸命取組むしかありません(笑)。

 

ところでさ、この表から見ると、マンション(自宅)の耐用年数って70年もあるよね。(まぁ税務上の話ですが。)

私が大手に在職中の時には、9割9分の社員が47年って言ってましたよ。

マンションは、50年とか100年は全く問題ないんですよっって言う人もごくごく数人位いたっけ、、、。

これだけ意見が合わないという事はね、こういう事なんだ。

つまり、ほぼ全員がその知識を持ち合わせていないってことなんだね、、、、。

 

おぉぉ、ついに暴露しちゃった、、、(笑)。

 

「税法の耐用年数」 と 「実際の耐用年数」は、別物だってことなんだね。

とは言え、拠り所となる数字は必要なんだよねぇ。

 

なんだか、変な感じするよね。

あ~背中が痒くなるよぉ~(笑)。