ある大手の営業体質

 

この記事は、客観的に実際に合った出来事を含めて記載しました。

 

前から思っていたけど、この仲介大手はやはりノルマ主義であり、売上優先主義なんだね。

当然顧客目線など"カイシャの辞書”にはなく知識のないお客様には、ウソ行為も平然とやってのける強者営業マンが沢山いるようだ。

と私は思いました。

 

―――

先日、当社へ専任媒介で売却依頼を受けている売主様宅へ訪問しました。

と言うのは、先般他社様がお連れしたお客様(共同仲介)がもう一度検討をしたいという申し出があったので、立会いをするためです。

 

その見学が終わり、売主様と雑談をしていたところ、売主様からこんなことを言われました。

5月25日20:05ころに●●●●●不動産販売の誰か忘れちゃったんだけど電話が来て「当社に、ちょうど●●さんのお宅を検討できそうなお客様がいるので直接紹介させてほしい、、、」という連絡があった事を教えてくれました。

 

携帯電話には、着信記録が残っていました。

"042●●●●●●● 20:05 5/25”

 

で、売主様はね、こう答えたんだって、、、(笑)。

 

「あんたのところにお客さんがいるんだったら、うちが頼んでいる業者さん(当社のことね。)経由で連絡してくれない?」

「だって、レインズ見てるんだから、物元業者知ってんでしょ?」

「おたくは、仲介手数料が両手でほしいから、媒介契約がほしくて電話してきてるんでしょ?」

●●担当「そんなことないです。」

売主様、まさにご名答(笑)。こんな事言われたら営業マンはグーの音もでません(笑)。

 

この仲介大手の●●●●●不動産販売の誰だか知らんけど、今回が初めてじゃないんだよね。

だから、今日、仲介大手の●●●●●不動産販売に電話をしました。

で、営業さんが電話に出られたので、「●●所長いらっしゃいますか?」って聞いたら、席をはずしていて、いつ戻るかわからないということでした。

 

その後、19:10ころ、もう一度「●●所長いらっしゃいますか?」と、しつこく再トライ(笑)。

でね、事を荒げるつもりもないし、すでにやってしまったことを責めても仕方がないので、「もし、御社にお客様がいるのであれば、当社は、紹介を拒むとかしないので、どんどん当社へ紹介もらえませんか?ちゃんと立会いしますから。」って説明をしました。

 

そしたら、所長なので、当然、私が電話をしている意図は分かっているんですよね。

 

「確認をしてみます。」と言われたわけ。

その後、連絡はきませんけどね、、、。

 

私はこの業者さんとは、本音で仲良く仕事したいんです。本気で楽しくやりたいんです。

"協同仲介という仕組み”があるからこそ成り立っているのが不動産業界なんだから。

 

私の本音はね、●●●●●不動産販売の営業マン一人一人は、決して悪い人ではないと思っています。

でもね、会社として高いノルマを営業マンに課せているから、そこに生きる社員は、自分の生活のために、売上を立てなくてはいけない。その結果、善悪の判断よりも自分(会社)の利益を優先せざるを得ない状況に陥ることになっているんだと思っています。

 

だから、会社の体質・本質は、囲い込みをしていた時となんら変わっていないんだろうと考える事もあります。

まぁ、理由はなんにせよ、イケナイ。

 

まぁ、こんな小さな事だから、怒るような事では無いんだけど、やり方がちょっと悲しい、、、。

 

ということで、、、まったくもって私経由で相談してくれや!

この、おたんこボケ!

(↑って怒ってる?(笑)。怒ってないからねぇ~(笑)。)

 

そして、結局数日たっても、●●●●●不動産販売から、見学の申し出はない、、、、。

やっぱり嘘っぱちだったんだね、、、。

 

(ToT)/