最近の私の愚痴と"CS”

 

最近は、世間一般的に"CS”という言葉を聞く事が多くなってきましたが、ふと私の周りで起こっていることが重なりました。

でね、今日は決済があったのですが、この決済にたどり着くまでに契約締結から7か月超かかりました(笑)。

 

43条但し書きの許可を要する土地でした。

そのため、敷地内の一部を道路として整備する等様々な条件をクリアする必要があった訳。

でね、物元業者然り、ハウスメーカー然りと、いろんな事があって、とても日数がかかった案件でもありました。

 

で、今回は愚痴も含めての話になるのですが、ハウスメーカー主導で、ローンの申し込みをしていたので、私には直接情報が入ってきません。

 

そこで、事前に決済場所等をハウスメーカーへ確認をしてありました。

でね、今日決済場所へ20分前に到着しました。

で、時間(AM9:00)になっても誰も来ません。

おかしいと思って司法書士に連絡を取ると、場所が違うという、、、。

 

そう、●●銀行新宿支店と聞いていたのに、数日前に●●銀行新宿西口支店に急遽変更になっていたそうです。

今回売主側の事情が複雑だったので、当社指定の司法書士に依頼をし、物元業者も含めて売主対応をしていたのですが、司法書士は金融機関と直接やり取りがあるため、急遽の決済場所の変更を聞いており、物元業者も合わせて確認済みだったようです。

 

・・・(==;)

 

知らないの私だけ、、、。

仲介業者なのに、、、。

 

ハウスメーカーさん、決済場所が変更になっているんだったら、なんで連絡くれないのよ。

こんな事初めてでびっくりしました。

で、間違いの場所から歩いて10分、、、。

正しい場所に遅れて到着、、、。

 

買主様が良い人だったから良かったけど、ホントひどい、、、。

それに暑いし、、、。

汗がぽたぽた垂れるし、、、。

 

その後は、和気あいあいと楽しく決済の時が過ぎてゆきました(笑)

で、買主様曰く、現在進めているハウスメーカーさんの対応もいろいろと問題があるようでして、、、。

昨日は思わず怒り爆発しちゃったんだって。(念の為ですが、私の紹介ではありません。)

 

で、決済前に物元業者に、支払い金種について事前に確認をしていたんですが、私が計算するとどうしても計算があわないんです。

ようは10,000円払わないといけないのに、9,874円払う計算になっているわけ。

でね、ホントにわけがわからなくて、物元業者に事前に確認連絡をしたら、先般ご連絡した内容では、ここだけ間違っていましたが、他は問題ありませんって言うわけです。

 

なんだよぉ~、やっぱり間違ってたのかよぉ。

気を取り直し再計算をしました。

 

で、修正後の数字でも、計算が合わない、、、、。

・・・・・・(==;)もう、わけがわからん。

 

だから、もういいや。・・・・・・(笑)

 

決済場所で、買主様が支払うべき金額だけ支払えばあとは向こうの業者がやるんだろうと開き直ることにしました(笑)。

だって、私は買主側の担当なのだから(笑)。

 

で、決済場所でお支払いのための振込票を作るんだけど、物元業者の記入の仕方がいつも私がやっているのと要領が違うわけ。

しかも再計算をしてもやっぱり計算が合わない。

 

なので、物元業者に数字が合わない事を話すと、平然と「振込手数料を含めると合いますよ。」って言うわけです。

 

私の心の声 : そっか、振込手数料かぁ~。

買主様ラッキー(笑)。

(一般的には、振込手数料1本は買主負担!)

(なのに振込手数料が3本もある!)

(計算が合わないわけさ、、、。)

 

その片隅での私の心の声 :そうだったらそうで、最初から"それ”を言っといてくれよ!取引には、相手がいるんだから自分だけが納得して済む問題じゃなかろう! と心の中で思った、、、。

(わかりやすく書いているだけで怒ってません。)

 

結果、買主様(私のお客様)は振込手数料分は得をしたので、結果オーライだったので良かったんですけどね、、、。

 

長々と書きましたが、つまり私が言いたいのはね、相手の事を考えて、発言と行動をしてくれってこと。

 

この人たちも、当然にCSを考えながら行動しているんだと思うんだけど、考え方の根底がずれているから"CS(顧客満足)”を努力しているのだろうけど、相手に伝わっていない。

 

少なくとも、私には伝わらない。

幼稚園からやり直せ!って言いたくなる。

(わかりやすく書いているだけで怒っていません。)

 

――――

 

それで、プライベートでもあってね。

プライベートでは、組み立て家具(7段チェスト)を発注しているんだけど、穴の位置が合わないからちゃんと組み立てができないため、ちゃんとした物を送ってくださいって連絡をした上で、返品交換になったんだけど、メーカーの検証では問題なしという判断をしたそうです。(その検証自体、問題なんだけどさ、、、。)

 

で、昨日の夜22時に交換品を開封して、さて組み立てるぞ!って、楽しみに箱から全部出しました。

でね、交換品の穴の位置がやっぱり合わないからなんでしょうか、その不具合部分をビスでしっかりと止めて送ってくれました。

が、うれしいのと同時に逆に不審感も、、、(笑)。

それで、梱包材を全部はがしていくうちに、なんかおかしいなぁと思ったら、ビスとかが一切入っていない、、、。

 

もう、頭来ちゃった!(これはホントに。)

 

だって、チェスト2つ頼んで、すでに2つ組んでいて両方ともダメなんだから。細かい経緯は長くなるから書かないけど、パーツがとても多いので、1つ作るのに、組み立て1時間半は充分かかるんだ。

しかも注文から、4週間は経つからね。

 

ホント腹立つ!

 

なんかね、久々に人の対応がちゃんとして無くて腹立っちゃったね(笑)。

 

さて、長々と書きましたが私の"結論”

人それぞれ、顧客満足という概念は違うんだけど、人に合わせてしっかり対応する事が"CS”ではなかろうか、、、。

"CS”顧客満足って言うのは、人のうれしい、楽しいという気持ちを育むことだと思うんだよね。

最近関わった皆さんは、なんでそれができないんだろう、、、。

 

そして、なんでそういう楽しい気持ちや、うれしい気持ちを簡単にぶち壊すことができるんだろう、、、。

 

不思議で仕方がないって話し、、、。