"人のいい売主様”と"騙す業者”

 

 

先日、ホームズ見てたら、良さそうな物件がありました。(府中市内の中古一戸建)

でね、"専任媒介”って書いてあったんだ。

当然レインズ(不動産業者間のシステム)に登録があるのが当たり前なので確認をすると、登録がない、、、。

 

考えてみました。

 

1.ホントに専任媒介だとすると宅建業法違反。

 

2.一般媒介を、専任媒介と偽った虚偽の広告。

 

なので、その物元さんの事、たまたま知っていたので、その業者さんに連絡をして確認をしてみました。

すると、、、まずいと思ったんだろうね。

この後の私と物元業者のやり取りはいろいろとあったわけですが、省略するとして、とりあえずご紹介可能という返事がきました。

でね、翌日レインズを確認すると私が連絡した日付で物件情報が登録されていました。

という事は、宅建業法違反しとるんやないかい!と思ったわけ。

この物件ホームズでは確か2ヶ月くらい前から登録されているようだったから、もう確信犯なんだな。

 

なんで、こんな事やっちゃうんだろう。

 

でね、先日ご案内したんだけど、これがね、ぶっとぶ位すごく良い物件(笑)。

スッごく綺麗で即売物件だったね(私の個人的主観によります、、、。)。

まぁ、びっくり。

そして、売主様もすごく笑顔で良い感じの人。

 

この業者は、こんないい人を騙してんのかなと思うとまったくけしからんよね、と思った。

でね、とりあえず見学をさせていただいて当社のお客様も喜んでおられました。

もちろん売主様も。

 

でもさ、今回の見学のいきさつを知らない売主様は、自分が売却活動を依頼した不動産業者がまさか情報をクローズドにして囲い込んで、売主を裏切るような活動をしているとは思わないよね。

※何が悪いのかと言うと、他社からの問い合わせをシャットアウトすることで、売主様の売却機会を奪う事が多々あり、金額についてもなかなか売れないという理由で、どんどん下がって行くことが往々にしてある、という理由。

業者は、他社経由のお客様の見学を排除し、売主買主双方から売却手数料をいただく事に力を入れ売主様の利益を毀損させることにつながる。

業界的にはこのような業者の行為を禁止している。また、発覚した場合には、業務停止という罰則もある。

 

だからさ、私は、この担当者の事こう思ったね、、、。

"さわやかな顔して、やってることは悪どい”

 

その事を売主様に話しをしてしまおうかと頭をよぎったけども、そんなことしても仕方がないので、そうはしなかったけどね。(ここは大人、、、(笑)。)

 

こういう業者って、ホントいつになってもなくならないよね、ほんとに。

不思議でしかたがない。

そもそも、人としての道ってあるやん。

自分を信頼して任せてくれたって言う義理もあるよね。

ほんとありえないよなぁ、人を裏切る行為。

ということで、こちら、当社のお客様で申込予定(笑)。

 

 

PS.これ結構前の話なので。

指摘を受けたので誤解がないように一応ここに記載しておきます。