その買替えは、購入が先だと思います!

 

これもね、すこし前の話しですが、Aさんからの相談です。

Aさんという方がいて、買替えをしたいので、不動産仲介会社数社に相談をしたんだって。

でね、ある仲介会社さんから、「いつまでに売買契約をすれば業者買取で●●●●万円です。その期日を過ぎた場合、金額が下がるかもしれない。」と言うアドバイスをもらったようです。

で、俄然本人は売る気満々!(笑)になっているそう、、、。

そりゃそうだね。

 

で、Aさんに今後のご希望を伺いました。

現在150坪を超える敷地の自宅に住んでおり、そこを売却をして子供の近くのマンションを購入して引越をしたいとのこと。

マンションは具体的に決まっているが、理想の部屋の売り物件がないという状況。

資金は、売却した資金を充てるため、売却ができなければ購入もできない。

 

―――

 

で、ポイントはこれかな。

立地にもよりますが、150坪もあって、駅から遠い低層住宅地内だとエンドユーザーで流通する事はまず期待できません。

(由緒ある街並みなら可能性はありますが、、、。)

 

という事で、一般的には業者買取が良さそうです。

業者買取の場合、焦って売る必要はそれほどありません。

というのは、どの業者さんも仕入をしたいのでタイミングもありますが頑張ってくれるからです。

根本的にエンドユーザーの購入目的とは異なるからです。

 

でね、Aさんですが、次の購入物件(引越先)が決まっていない状況であったのですが、不動産仲介会社は業者買取で急いで契約した方が良いとアドバイスをされたそうです。

 

そのアドバイス、本気なのか、、、。

私は、不思議でした、、、。

 

買取ってもらって、もし次の物件の購入契約ができなかったら、一時的にでも賃貸物件に引越さなきゃいけない。

いったん賃貸に引越してしまったら、相当やる気がないと、すぐに購入物件を探して引越なんてできないように思います。

これ、引越した人ならわかると思います。

 

(賃貸物件探し)

物件探し、契約、引渡し、引越、整理整頓、ライフラインの解約・開通連絡等

 

(その後購入物件探し)

物件探し、契約、賃貸物件退去通知、購入物件引渡し、引越、賃貸物件敷金精算、賃貸物件明け渡し、整理整頓、ライフラインの解約・開通連絡等

 

どんだけ、引越が大変なの事なのかわかるでしょうから、、、。

 

それに、Aさんにもいろいろと事情があるようだったので、売却を急がないでいいのであれば、1年くらい待っても良いような感じでした。

でね、いろいろとあるわけですよ、、、。

不動産仲介会社の事情がね、、、(笑)。

 

つまり、売上欲しい!!ってことなんだ。

 

Aさんからは、どんな説明を受けたのか聞いたのですが、この不動産仲介会社は、売らせるために偏った事ばかり話しをしているなと、私は思ったわけ。

売らないメリットを全く説明してないみたいなんだ。

 

でね。私のアドバイスは、購入契約が先行!

売却は購入の契約締結が済んでから速やかにする!

購入物件が出てくるまでは売却しない。

この方が良いと思いました。

 

だって、売却予想額は、購入する物件代金を支払ったとしても数千万円も余るんだから、、、。

 

業者買取は融通が利くのがメリットなのに、そのメリットをなぜ活かさないのでしょう?

ほんと、不思議でしかたありません。

 

不動産仲介会社の売上を上げたい事情なのに、それをひた隠しあたかもそのほうがAさんにメリットがあると取れるような説明をし売却を優先させる事ばかりの営業をするって、ほんと良心的なひどい会社です、、、(笑)。

 

Aさん、盲目的になってんだもん。

気の毒だよね。

 

Aさんにはお話ししましたが、不動産仲介会社はいろんな人がいるから、先ずはいろんな人(会社)の話を聞いて総合的に勘案してAさんにとって何がベストなのかを考えてから行動するべきだと思います。

 

だって、Aさんの不動産だもの。

Aさんの生活を豊かにするために、売買を行って欲しいでしょ。

そう考えるのが松田流(笑)だし、それが相手の事を考えた仕事じゃないだろうか。

(Aさんが、その状況を冷静にわかっていて、それでも売る!と言うのであればそれがAさんのご希望なので、その意見に対しては、反対はしませんけどね。)

 

でもね、正直にメリットとデメリットをアドバイスしてさ、ご縁がなければそれって別に仕方がないと思わない?

自分は人の笑顔を見たいし、正直に本音で話しをしているんだから。

心にしこりの残る営業はしたくないからね(笑)。

勿論、私だって売り上げがあってなんぼだけど、お客様利益を無視して自分の利益を上げるって根本的にずれてる話だよね。

プロとしての存在意義を考えるなら、そのようアドバイスは変だし、私には当然できないね(笑)。

 

でも、仲介会社の立場になれば、そういった営業をせざるを得ない事情も分からなくもないんだ(笑)。

ハウスメーカーだってそうだもん。

自分(営業マンの売上)を中心に考えざるを得ない状況がお客様利益を無視させるのだろう。

人のいいことを言っていたら売上たたず、ノルマ達成せず、ダメ社員の烙印を押され、降格人事が待っているのだからね。

不動産営業マンの世界ってとてもシビアな世界なのです。

 

不動産業界にも光る人は当然いるのですが、私利私欲が渦巻いている世界でもあります。