所有物件が売れない売主様の事例(抜粋)

 

※【重要】

 

今媒介契約をいただいているお客様の事ではない事を最初に記しておきます。

【先ずは結論からいきましょう】

売れない物件を見ていると、

物件の客観的価値に対して高すぎる値付けがなされている傾向が多分にあります。

(もちろんそれだけではありません)。

これには、売主様が蓄積した物件への思い入れの価値が付加されているように思いますが、

次のオーナー(買主様)にとって、売主様の思い入れなど関係のない事になるので、

その点は冷たいようですが、現実として客観的な価値水準を受け止めていただいた方が良いかと思います。

 

また、不動産業者が媒介契約の委任を受けたいがために、高値査定をして、売主様に対し高く売れると期待させていることもあります。

 

大手不動産業者だから、高く売れると思っている所有者様は大変大変大変多いですが、それ本当でしょうか?

担当者が当社なら●●●ですよ!と言いますが、その根拠はなんでしょうか。

また、周辺の成約・取引事例に基づいて売却想定価格(査定額)を客観的に算出しても、売り出す物件そのものが魅力に欠ければ、どうしても成約に至らないケースもあります。

 

それには、建物設備の古さ(設備の型が旧式で現在のニーズにマッチしていない)等があります。

大手注文住宅でさえ現在のニーズにマッチしなければ、建物価値はゼロ円どころか、解体費を見てほしい(つまりマイナス)という事だってあり、良い結果は期待できないことがあります。

 

また、適正価格だと思われるものも市場(買主様)から正当な評価をいただけないものがあります。

人の心理的な部分が作用するという事実は知っておいた方が良いと思います。

だからこそ、媒介契約を取るための営業トークに騙されないように、所有者様自身がご自身の不動産の客観的事実を知ることが最も大切です。

 

―――

 

●将来のセットバック(敷地を道路として提供する)を考慮せず、駐車スペースを広く作らなかった。

将来セットバックすると、駐車スペースが利用できなくなるため、外部駐車場を契約しなくてはならない可能性がある。

 

●所有者様の"我”強く、プロの意見に耳を傾けない。

このような所有者様が耳を傾けるところは所有者様の有利となる部分のみが多い。

(子供じゃないのだから、マイナス要素も客観的に受け止めるべき)

 

●やっと購入申込みが入ったのに、所有者様が売却価格にばかりこだわり、買い替えを成功させるという最も大切な目的の観点が抜け落ちている。

売れる価格には限界があり、購入申込みの額は、プロとしてみれば妥当性が充分あるのにもかかわらず、プロのアドバイスを無視して断ってしまった。

 

●購入申込みがありましたが、所有者様の希望額に対し、40万円足りないという理由で売却機会を逃してしまった。その時の価格は4100万円。後の半年以上、その金額での購入申し込みは一切なし。そして、本日現在でも売りに出ています、、、。

 

●不動産査定の意味を間違って解釈している売主様が多い。

これは致命的。

査定は、プロが価格の妥当性をアドバイスするための資料であり、売れる金額ではありません。

購入するのは、全然別の人です。

笑えてしまうのは(本音ですみません。)、査定額を高く出してくれた不動産会社はやる気があるとか期待できる!という発言を私にした所有者様。

不動産査定の本当の意味が根本的に理解されていない。

だからこそ、嘘を言う営業マンが絶えないのに、、、。

わかりやすく何度も丁寧に説明をしても、理解しない、できない、したくないの三拍子。

★★★査定額がご自身の期待値より低いと見下されたとか、バカにされたと思いこむ所有者様がいらっしゃいますが、

その考え自体が根本的に間違いという事に気が付かない。

 

――

 

書けば、まだまだ書き足りませんが、大手不動産仲介会社の友人は、査定依頼があれば「業者間の競争が激しいから、受注を取るために、十中八九、高値査定する!」といっていました(笑)。

そうする背景には厳しいノルマ体制があるとも、、、。

なかには、査定書さえ作らず"売主様の希望価格(言い値)で預かって徐々に価格を値ごなしする業者だっています。

不動産業は信頼で成り立つものですから、それらを勘違いしている売主様が多数いらっしゃるのは残念なところです。

やっぱり、プロの意見もしっかり聞いて、素直になるところは素直にならないと結果、損をすることも多いのです。

 

これ本音です。

 

きっと、これをお読みになった売主様は腹が立つことでしょう(笑)。

腹が立ったってもいいんです。

場合によっては、私の事を悪く言っても良いでしょう(笑)。

冷静に判断できなければ、いつになっても売れないだけの事です。

そしてを損をするのは、売主様自身となるからです。

かといって、不動産業者の言いなりになるのはいけません。

ここがポイントです。

 

売れずに困っている売主様については、事実を知る事がより高く売れることだと思っていただけると幸いです。

当社では、高値査定はしません。

売れない価格でもいいから、査定額を高く出してほしいという事であれば、そのように査定書を作らせていただきますが、意味のない査定書は所有者様の為にもならず、買主様の為にもならず、当社の為にもなりませんので、原則、お作りできません(笑)。

 

じゃ、どうすればいいのよ?という事になるでしょう。

 

気が付いた方もいらっしゃるかと思いますが、案件ごとにアドバイスが異なるのは当然のことだと思いませんか?

 

所有者様の状況、不動産の立地、利用用途、その他いろいろと考慮すれば、所有者様ごとに最適なプランというものがあるのです。