· 

窓枠の寸法を測らないでも、寸法がわかる方法

 

住居を購入すると、すぐにすぐに必要な物!

それはカーテンですね。

 

多くの方は、引越前にカーテンを購入するために、事前に窓枠寸法を測ると思います。

新築戸建は、引渡し前に、建物の傷の確認と現地設備の説明等の立会いがあるため、

寸法を測ることもできますが、時間がない場合はササッと終わらせたい方もきっといますよね。

 

ということで、これでわかります。↓それがこちら!

↑この図面をよく見ると、↓こんな記載があります。

 

(これは、平面詳細図というものですが、名称は図面により異なる場合があります。)

 

5ケタのうち前3ケタが窓枠の幅を表しています。

「15020」の場合、幅が150㎝です。

 

5ケタのうち後2ケタが窓枠の縦の長さを表しています。

「15020」の場合、20(×10)㎝です。つまり200㎝です。

 

なんだか紛らわしいですね(笑)。

 

縦の場合、(×10)㎝しないといけないというのが何ともね、、、。

きっと5ケタにしていることに、意味があるんでしょうね。

私は、そこまで詳しくないのでここまで!(笑)。

 

注意点もあります。

 

新築物件であっても、設計変更していることもあること。

中古物件の場合、そもそも図面がなかったりすることもあること。

 

そういえば、、、

数年前に購入されたお客様は、カーテンはすぐに買わず引越の時に使った段ボールを窓に張って

"段ボールカーテン”と称して楽しんでいたのが記憶に新しいです(笑)。

 

なんでもそうなんだけど、気持ちの持ち方ひとつで楽しみに変えられるんですね。

段ボールカーテンのお客様は、それを恥と思わないで、

逆にそれをギャグにしてしまうところなんか人としてもすごく魅力的ですよ(笑)。