今回の選挙で、私が考えること。

 

立候補者の方々が一生懸命やっているのは分かるので、

こんなこと書いちゃうと怒られるかもしれませんが、

率直な私の意見という事でお許しを、、、(笑)。

選挙を目前にして、選挙カーがとても多いですね。

私は、昔からホントうるさいな!って思ってしまうんだけど(ごめんね)、

立候補者からすれば、国民に政策を伝える大切な活動ですから、

必要なことであり仕方のないことだと思います。

 

でね、私がよく思う事があるんだけど、

立候補者が主張する公約はほんとに実現できるの?って事なんだな。

ついこの前なんか、自分の保身のために、

今までの主張と真反対の事を主張している議員さんいたよね。

(ホント、人としては最低だと思うな。)

 

そんな議員の立ち振る舞いを知ると変に勘ぐってしまうわけですよ。

⇒ 立候補者は、選挙で当選するためだったら、

嘘も平気、主張を変えても平気ってことなんだろうなって思えてしまい、

自分の考えや生き方に筋を通せない立候補者なんて国民の代表になる資格はない!と思えるし、

約束(公約)を実現してくれないんだろうなと、期待できないのね。

 

ようするに、"そういう風に思わせないでもらいたい”し、

公約を実現するために本気度1,000%でやってほしい。

ってことを私は言いたいわけね。

で、解散の時は「国民の是非を問いたい!」とか言うけど、

その政党や議員さんの実績や、政治能力がどの程度素晴らしいのか、

私のような素人にはあんまりわからないし、(時間の関係上)選挙活動で

伝えられないこともたくさんあるだろうし、

その主張が実現できるのかできないのかだってほんとわからないし、

相手議員(立候補者)の否定だけなら誰だってできるけど、

否定をしているあなたは具体的な施策があるのか、

行動が伴うのか、それ自体わからないし、何を信用していいのかもわかりづらい。

 

だから、投票というものは、賭けに近いのかもしれないと、

いつも思うし、考えさせられてしまうわけ。

だから、選挙の投票をする時は、本当に悩ましい問題なわけ。

だからさ、過去の当選したときの公約の達成率を、その議員ごとにグラフにして、

報道をしてくれれば、わかりやすいよねって思ったりもした(笑)。

それに、どんなに素晴らしい政策にしたって、あちらを立てれば、

こちらが立たずだから、結局はバランスをとって、全体的な事を考えていくしかないし、

急にいろんなことを変えてしまえば、それまた世の中は大混乱になるだろう。

 

全体主義で考えれば、どこかに多少のゆがみが出ることは仕方のない事なんだけど、

そこをうまく調整してくれると良いんだけどね。

そんなことができる人って誰なのか?

どの党なのかは全く分からないのが私的に問題かな、、、。

 

ちなみに、新しく党ができてはすぐ無くなっていくでしょ。

”党”という名の”グループ”に所属しないと当選しないとかあんのかね?

党が解散するということは、民間でいう倒産、店じまいと同義でしょうから、

自分たちが支持されていないという事を公表しているのと同じような気もする。

時代に合わせて変化をしていくことは絶対に必要なんだけど、

党を解散することないんじゃないの?とも思えるわけです(個人的意見ね)。

 

私の個人的な意見なんだけど、少子化を解決してもらいたいものです。

少子化を解決できるんなら、文句なしに一票入れちゃうんだけどなぁ、、、(笑)。

子供の声がいつもあふれている温かい活力ある街になってほしいよねぇ。

それとね、消費税増税ありきで物事考えない方が良いような気がするよ。

だってさ、みんなの給料は所得税、住民税、年金保険、雇用保険、

その他ですでに、かなり控除されているでしょ。

その上消費税8%からさらに10%になるって、かなりの負担だよね。

財源の確保もポイントだろうけど、無駄なお金を極力削ることはできないのだろうかね?

(何が無駄かも知らない私だけどね。)

 

ということで、今回誰に票を入れるか、まだ決めておりません(笑)。

悩ましいけど、悩んでいても仕方がないので、毎日自分勝手に明るい私です(笑)。