道路交通法違反は、とっちめよう。

今朝、お客様のお宅へ、住宅ローンの申込書類をお預かりしに伺いました。

その帰り、捨て看板がたくさんあったので、一度は見過ごそうとも思ったのですが、

いや!ちゃんとしておかないといけないと思って、その捨て看板を見てたどっていきました。

すると、オープンハウス(戸建の現地売出)をやっていました。

 

玄関はあいていて、電気もついてて、鍵は鍵穴に刺さったまま、、、(==;)。

声をかけても誰もいません、、、(==;)。

現地には、担当者の電話番号が書いてあったので、電話をすると、

近所にいらっしゃいました。きっと、捨て看板を設置しに行っていたんでしょうね。

で、その担当者は女性でした。

私「あの~、今現地から電話しているんですけど、、、。」

担当「あ、ありがとうございますぅ!」

私 (==;)、、、。

 

私「私、同業者なんですけど、捨て看板は道路交通法違反ってご存知ですよね。」

担当「、、、、、はい。」

私「違反と知っていて設置してしまうんですか?」

担当「集客ができないもので、、、。どうやって集客していますか?」

私の心: (==;) そこ、質問する(できる)タイミングじゃないよね、、、(笑)。

 

私「集客できないから、違反をしてもいいという話しではないですよね。」

担当「すみません。」

私「私、宅建協会(府中稲城支部)の役員もしてるので、こういったことがあった場合、

すぐに撤去するようにと言われているんです。後で見回りに来ますんで、

その時に撤去されていない場合には、警察に撤去をしていただきます。

そして、御社が所属している協会を通じて、御社へ指導してもらいます。よろしいですね。」

 

私「この業界は、大手でもそういったことを未だにしているところもありますが、

我々地域の不動産屋さんがしっかり法律を守らないといけないんじゃないですか?」

と、穏やかにお話しをしましたが、話しの内容としては、結構厳しいことを言わせていただきました。

 

で、その近所にもう一つステカンが、、、(==:)

 

それは、電柱に両面テープでくっついていたので、片っ端から剥がし、

その売出現地(戸建)行くと、担当者がいないので、電話下さいという、

不在営業の看板があったので、剥がして回収した捨て看板を丁重に置かせていただきました(笑)。

 

最近は、どういうわけか、府中は捨て看板が目立つからね。

同業者がこういう事するって、業界の地位がどんどん下がっていくような気がするので、

ホント迷惑なんだよね。

 

一般の皆さんやボランティアの方々も、電柱に捨て看板が張ってあったり、

道路にコーン看板が置いているのを見たら、どんどん警察に通報して撤去してもらっていいんですよ。

そうすれば、景観も良くなるんだから。

(↑コレも、道路交通法違反です。警察に撤去してもらいましょう!)

 

今回思ったのはコレ。

 

担当者いわく、集客出来ないから、捨て看板を設置しているようでした。

それは、自分たちの売上を上げるためだけに、やっている自己中心的な発想でしかありません。

捨て看板をする連中は、ステカンを設置している現行犯逮捕しかできない事を知っているので、

やったもん勝ちだということを不動産会社が容認しているという事なわけ。

そんな彼らには、違反をしている自覚はあるんですよ。

なんでかと言うと、捨て看板には、会社名は絶対に書いていないでしょ?

警察に何か言われても、自分たちはやってないと逃げるためなんですよ(笑)。

笑えるし、卑怯な考えでしょ(笑)。

 

つまり、自分の会社の売上さえ上がれば、違反しようと関係ない!!

という様に考えている会社がたくさんいるという事なんだ。

 

こういった連中は、どんなに対応が良かったとしても、法律を守らないわけだから、

表裏があるわけ。お客様を騙すことだって屁でもないわけ。

 

そんな会社と絶対に取引をしてはいけないのね。

売れたら最後、後はなんにもやってくれないのが普通です、、、。

だって売上が目的であって、お客様は手段でしかないのだから。

ちなみに、この捨て看板を設置しているのは、中堅のそこそこ大きな会社。

同業者なら、きっと知らない人はいないくらいの規模だから、

どんだけ、この業界の人たちには倫理観がないんだよと思いたくなるわけ、、、。

今度見つけたら宅建(全日・FRK)協会を通じて、指導してもらう事にしようかな。

 

そして、警察に通報して、捨て看板を捨ててもいましょう。

 

皆さんも、ぜひ街の美観にご協力ください。

そして、違反をする不動産業者はとっちめましょう(笑)。

 

ちなみに、府中警察の電話はこちら!

 

042-360-0110