今。売り情報を囲い込み操作する大手不動産仲介会社

 

FRK所属の大手不動産仲介会社(以下、A社)が、

専任媒介契約を締結している売り情報をレインズから消し、

自社ホームページの掲載も消してしまいましたよ。

 

(※レインズとは、不動産業者のみが閲覧できる不動産情報のデータベースのこと)

囲い込みっていうと、一般消費者の方からすれば、なんのこっちゃ?って

話しなのですが、まずはこちらを見て下さい。

 

(下記文は、東京テレビ、ワールドビジネスサテライトウェブより抜粋いたしました。)(↑クリックでyoutube動画に飛びます。)

ちなみに、これは2年前の記事です。

不動産仲介会社は共通データベース「レインズ」で物件情報を共有しているため、

どの不動産会社でも同じような物件を扱っている。

これは不動産売買が円滑に行われるための仕組みだ。

しかし、このルールを不動産仲介の大手が破っているという告発文書がある。

記されているのは大手による「囲い込み」行為。

レインズなどを通した他社からの問い合わせに「商談中」とウソをつき紹介をしないことをそう呼ぶ。

囲い込みが行われるのは、売却物件ついて、自社で買い手を見つけると

他社からの買い手に売却するより手数料が増えるためだ。

悪質なケースでは物件が値下がりしても、自社の買い手に拘り囲い込みを続けることがある。

最も被害を受けるのは売り主なのだ。

長年囲い込み行為はあったといい、WBSが独自調査すると疑いが深い物件が確かに存在した。

自民党もきょう囲い込みの防止に向けた提言を発表、囲い込みをなくす動きがようやく始まった。

 

という事で、ようは売主様の利益を奪う行為を、公然とすることですが、

売主様だけの利益を奪う行為ではありません。

 

買主様の利益を奪う行為でもあります。

 

なぜなら、A社が売主から売却依頼を受けている物件を、

当社のお客様へご紹介が出来なくなる行為でもあるから、買主様の利益も奪うわけです。

 

このような行為をする理由は、このA社が売主様からいただく仲介手数料だけではなく、

買主様からの仲介手数料も取るために、自社に都合よく情報を操作してしまうからです。

 

他社のお問合せに対しては、

「物件は売れました、商談中です、担当者が席を外しています。」

その他いろいろと、断り文句があります。

(最近は露骨には出来なくなりましたけどね、、、。)

で、それを知らない消費者の皆さんが不利益をこうむるわけですが、

今ちょうど、新築一戸建の物件でそのような行為をしてしまったA社がおります。

というのは、私がたまたまお客様へご紹介している物件が、偶然やられちゃったってわけ(笑)。

 

それを行っている会社は、大手仲介トップ3と呼ばれている業者の中の1社です。

 

つい2日前までには、4物件が売りに出ていたのに、、、今はゼロ。

契約準備期間があるから、この短期間で4物件が契約できることは絶対にありません。

単純にルールは守ろうよ。ホントに。

 

で、売主は宅建業者で私の知り合いなので、実状を確認すると、

「まだありますよ。申込みは入っていませんから大丈夫ですよ。」ということで、

囲い込みの不正行為の裏取りも簡単に出来てしまいました(笑)。

もちろん、当社は抜き行為なんかするつもりはないし、ルールを守っています。

 

でね、A社がなんでこういうことするのかというとね。

この物件の専任媒介契約の期限が「残り数日しかない」んですね。

期限が切れると、どの不動産屋さんも広告がバンバンできるようになります。

すると、A社は客付けができなくなってしまう可能性がとても高くなるのです。

 

わかりますよね、その理屈。

 

その為、今検討されているお客様にウソの情報を伝えるのでしょう。

「他のお客様が契約の運びなので、情報が非公開となりました。

価格交渉が入ってますので、それより10万円でも高ければ、こちらで契約ができます。私に任せて下さい!」

 

「特別に、お客様の為に物件を非公開にしました。早く決めて下さい。」

とか言ってんのかなと想像しちゃうわけです、、、(笑)。想像ですよ。

 

プロは素人相手なら、その後売れなくて情報が再度公開されたとしても、

いくらでもウソをつけるし、シラも切れるわけです。

 

信義則なんてあったもんじゃありませんね、、、。

 

A社は以前から囲い込み行為がひどくて、同業者の中でもひときわ酷いと言われていましたが、

会社自体の根底のやり方、考え方は今でも同じなんだなと思わざるをえません。

(ホントはそう思いたくないんだけどね。)

 

以前よりは、情報操作を派手にできなくなりましたから、今は、お問合せをすれば、紹介不可!!

なんてわかりやすいことは言いませんが、売主にも買主にも不利益な会社だとつくづく思ったりします。

 

そもそもレインズ(物件データベース)から物件情報を削除すれば、

それを閲覧している不動産仲介会社からは根本的に問い合わせができませんからね(笑)。

これ以上の方法はないね(笑)。

 

やっぱり、店舗責任者に対するノルマ目標は半端じゃないんだろうね、きっと。

こういう事をしているのを見て、宅地建物取引士は注意をできないのだろうか。

というか、注意する人なんかいるわけないか。

その宅地建物取引士自身が率先してそういう事をするんだろうから。

 

表面をどんなに良くしたとしても、内面はこれでしょ。

こんな事をやっている(されている)社員はつくづくむなしくないのだろうか、、、。

 

最後に、会社自体は、コンプライアンスを守る体でいるはずですが、

やっぱり自分の給料(とノルマ)との戦いで不正をしてしまうという事なのでしょうね。

 

私は、自分の考えとしてお客様の為にならない、自分のやり方じゃない、

やりたくもない営業方法を上司から強要されたくないので、

独立起業しましたがホントに正解でした。

 

だって、夢と楽しさが毎日あるもの(笑)。

素直な気持ちで対応して、皆さんの笑顔が見れることが幸せだと思いますね。