銀行保証料のビックリしたお話し。

今日は決済がありまして、ホント初めての経験だったので、とても勉強になったお話しです。

 

決済(残金等の支払い)をする際、事前に下記のような支払項目を確認しておきます。

 

1.残代金

2.固定資産税等清算金

3.管理費等清算金

4.登記費用

5.銀行費用

6.仲介手数料

などです。

で、今回、事前に金融機関から伺っていた「5.銀行費用」の額面が全然違ったんです。

正直、当日ビックリしたし、お客様に質問されるまでわかりませんでした、、、(==;)。

というのは、違う銀行だと、当日にいくらの保証料が引き落とされるという事が、

伝票でわかるのですが、本日の金融機関では、そもそもその書類が決済時にないので、

私としてはそれを確認する術がないのです。

 

(金銭消費貸借契約は、銀行と買主様が直接やり取りをするものなので、

金融機関から私へ連絡がないと私はその詳細はわからないわけ。)

 

所有権移転だけで考えると、買主様から「売主様へ支払う額」と

「司法書士へ支払う額」さえ間違っていなければ、問題ないのですが、

今回、「保証料+事務手数料+収入印紙代」の合計が数十万円も少なくなっていたので、

これはなんだろうと不思議に思うのも当然なのです、、、。

 

で、私もこんなこと初めてだったし、事前に金融機関からもらっいる金額の

明細の変更については一切の連絡がなかったので、どうしてもその理由がわかりませんでした。

 

もしかして、金融機関が請求額を間違ってしまい、買主様が得したのでは、、、

と冗談を言いながら、やっぱり本当の事は確認する必要があるので、

決済終了の際に確認をしてみました。

 

すると、、、、。

 

住宅ローンの返済を、「元利均等返済」で当初計画をしていたものが、

金銭消費貸借契約をする段階で、「元金均等返済に変更」されたとのことで、

保証料が大幅に少なくなった、というのが理由でした。

 

でね。

 

その後、金融機関から私の方に一切の連絡がなかったというのが、

問題点なんだけど、肝心の買主様にもその事が伝わっていなかった、、、(==;)。

 

これが肝でした。

 

もしかすると、金融機関担当者は、決済金が少なくなる分には問題はないだろう、

といった判断だったのかもしれません。

 

いずれにしても、買主様も私もその事実を決済の場で初めて知ったということで、

ある意味、それを含め、良い思い出になったのかもしれません(笑)。

私自身、これは初めての経験だったので、ほんと勉強になりました。

今後は、そのあたりも気にかけておかないといけないなと少し反省でした(笑)。

(支払金額が増えていたら目も当てられませんが、、、。)

とにかく、お客様が喜んでいただけたのが幸いでしたね(笑)。

こんなことってあるんだなぁってお話し、、、。