· 

「一戸建て」のお話し・ 外壁のこと

外壁は、雨風を防ぎ、断熱をするために大切なものですが、

様々な不具合が発生することがあります。

そんな時は、建物検査をしてみましょう。

●下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ又は剥落、

雨水が侵入すると構造部材の劣化を促進させます。

最も多く使われているグラスウールなどの断熱材は、

雨水の重みでずれ落ちてしまう事があるようです。

また、グラスウールは乾燥した空気を静止させて断熱

するという特徴がありますので、

湿気があると断熱効果が弱くなってしまう事もあるようです。

複数の仕上げ材にまたがったひびや欠損がある場合も、

劣化が生じている可能性があります。

 

●当たり前のことですが、「ひび」と「欠損」がどの程度あるか注意してみましょう。

もしそのような箇所があれば、そこから雨水が侵入し、木造躯体の腐朽等を引き起こす可能性があります。

ひび割れについては幅0.5mm以上は注意ですが、ひびの長さにも注意しましょう。

長いひび割れは、雨水が侵入しやすくなります。

欠損は20mm以上を目安としましょう。

 

●外壁の隙間を埋めるために、シーリング材を使用しています。

これは、サイディングのつなぎ目、サッシと外壁の隙間、換気扇などの外壁を貫通する

設備の周囲等の隙間を埋めるためのものです。

シーリング材は紫外線により劣化が進行し、弾力性が徐々になくなり、

だんだん硬化してひび割れを生じてきます。

雨水の侵入を防ぐ大切なものなので、こまめに点検しましょう。

●外壁のひびと内壁のひびの位置がおおむね一致している場合、

その箇所は、建物の弱い箇所(弱点)です。

雨水の侵入リスクが高い箇所になるので、しっかりと点検をしてください。

場合によっては耐震診断や耐震補強等も必要な場合があります。

 

さあ、いかがだったでしょうか。

なんとなくわかってきたかと思いますが、お家の大敵は「雨水の侵入」です!

雨水が構造内部に侵入しないように、定期的に屋根、外壁などの点検をして、

大切なマイホームをしっかりと守り、そして長く利用しましょう!!