「転職歴」が多いと住宅ローンは大変なことがある。

これは、とても良い事例なので、知っておくと良いかもしれない。

けっこう前の話しですが、解禁です(笑)。

 

物件を見学していただいたお客様が、その物件をとても気に入ってくれました。

そして、購入のお申し込みをいただきました。

その後、源泉徴収票、健康保険証、身分証、そして住宅ローンの申込書を金融機関へ提出しました。

この時のポイントは、借入額に対して、

ご年収はちょうどぴったり(悪く言えばギリギリ)のラインでした。

収入だけでみると、返済比率などはワクを押さえているし、

実際には共働きでもあるので、これからの事を考えても不安もなくいけそうです。

 

ところが、色々な事情により「転職歴」がとても多かったのです。

 

一般的に、金融機関がお客様の属性を見る時、「+」と「-」を見られるのですが、

マイナス評価の中の一つに「転職歴」があります。

 

金融機関は、転職歴が多い人を判断する時、

今の仕事は長続きしないのではないか、、、。

長続きしなかったら住宅ローンが延滞してしまうのではないか、、、。

となると、不良債権になるのではないか、、、、。

最初から融資しない方が良いのではないか、、、。

 

では不承認としよう。

という判断になるというわけです。

それで、当社では、住宅ローンの申込書などを全てサポートしているので、

金融機関へ提出をする前に書類を確認します。

脱字や押印漏れがあると審査が進まない為です。

で、当初伺っていたご年収よりは多かったので、

その部分では安心だったのですが、今回は懸念材料があったので、

金融機関は承認してくれるだろうか、、、、という想いでした。

 

今までたくさんのお客様の住宅ローンのお手伝いをしてきたこともあってか、

転職歴などを書いた用紙はたっくさん見てきましたが、

その時のお客様は転職数がホントに多かったのです。

(ちなみにですが、私ほど転職数が多い人には未だ会ったことがありません、、、。

(勤続先倒産がその理由の代表格ですが。)ここは、きっと笑うところだと思います。)

 

とはいえ、お客様の場合、ご年収とご年齢からすると問題ないですし、

これからのお客様の生活を考えれば、何としても応援してあげたい!

とういうことで、速やかに金融機関へ審査申込み書類を提出しました。

 

そして・・・・・・・・・・

 

金融機関担当者から、途中経過の連絡がありました。

「きびしいです、、、、。保証会社が難色を示しています、、、、。」

と言われました。

おぉぉぉぉ、、、、やはりそうか、、、。←私の心の叫び。

そう言われても、お客様の喜んだ顔を見たい私は、

金融機関からの質問に対して、いろんなことを説明しました。

(コンプライアンス上で問題になるのは嫌だからウソは言えません。)

その後、金融機関の担当者と支店長が一緒に、

保証会社に掛け合ってくれまして、何とか条件付で融資承認が取れました!

金利も最優遇金利!! これは上出来です。

 

ぱちぱちぱち。

「条件」については、別になんてことありません。

得も損もない事なのですから(笑)。

今回、承認が取れた理由の一つに上がったのが当社のことだそうです(笑)。

リップサービスだと思いますが、金融機関からの評価が優良らしいです(笑)。

ホントかな、、、(笑)。