「本音で過ごせる」と楽ちんだよね。

いろんな経緯があって(笑)、不動産屋さんになった私ですが、

営業活動をするうえで、本音で思っていることがあります。

 

誰であっても、人と向き合う時、大なり小なりの利害関係が生じると思いますが、どんな結果になろうとも、本音で対応する事が大切だと思います。

納得の私
納得の私

本音で生きれば、人から受け入れてもらえなくなる事もあるでしょうし、真逆にすごく受け入れられて、目からうろこだったりすることもあるでしょう。

 

もしも受け入れられなかったら?と考えて、人のご機嫌ばかりを気にして、自分自身にウソついて本音を隠して生きていても自分の心が窮屈だと思います。

 

私は、過去、色々なお仕事を通じて、人の喜怒哀楽にたくさん触れあうことができました。

 

これは本当にラッキーでした。(ある意味では辛かったけど(笑)。)

 

どうしたら喜んでもらえるんだろうか?

何をしたらイヤなんだろうか?

常にそうやっていろんなことを考えてきたので、毎日の仕事を通じて考えるという頭脳が育てられた感じもします(笑)。

 

ただし、私のような考え方や行動は、前職でもそうでしたが、他の営業マンとは異色なのか、評価としては決して良いとばかり言えたものではありませんでした。

だって、お客様の事ばかりを優先しているので、他の営業マンの都合は二の次にどうしてもなるでしょ?(笑)

 

だから、協調性がない人間に映ったと思いますが、私はそれでも良いと思っています。

お客様の利益を最優先すれば、社内への配慮はその分は出来なくなるし、社内営業も上手にできるほど器用ではありません(笑)。

社内都合よりお客様優先!と考える私は、まさに異質で異物な存在でしょうから、ある意味では、疎ましい存在だったんじゃないかなと本音で思ったりもします(笑)。

我慢しなくてはいけないことが、たくさんあるのが世の中なんだけど、ひたすら自分の気持ちを殺して我慢をするだけでは、そのうちに、自分の心も潰れてしまうと思います。

それに、バカみたいな「自己満足の我慢」は美徳でもなんでもないし、、、。

 

人から好かれようと、嫌われようと、相手の顔色を伺いながら自分の発言や行動にウソをつく必要はないと思います。

本音で素直に生きたいのなら自分の本音に覚悟と責任を持てばいい。

 

ただそれだけなんだから。

 

誰でも本音で楽に生きられると思うし、本音で生きて、その結果を素直に受け止めることが出来さえすればそれでいいんだし。

本音で生きてうまくいかなければ、それは自己責任。

それも含めて全てを素直に受けとめて、間違いは反省して改善すればいいだけの事。とっても単純です。

 

本音で生きれることはホントに楽ちんです。

本音で生きる覚悟。

本音に責任を持つ。

必要なことは、とてもシンプルで単純な事なんだと思います。

 

自分一人で抱えることはないのです。