ハウスメーカーからご紹介をいただきますが、、、。

ハウスメーカーさんには、たくさんの来場者がおります。

 

みなさんは、マイホームの夢を膨らませて来場されるのですが、

ハウスメーカーの担当者としては、生きるか死ぬかの営業合戦(笑)。

 

他社に行かないように言葉巧みに自社の優位性を訴えるわけですが、

私が思うに、お客様自体どこに行くかなんてわからないのだし、

自分はフラットな考えでいて、お客様にはぜひたくさんのハウスメーカーを見てきて下さいね。

と優しく背中を押してあげたいものです。

 

なぜかというとね。

私の個人的な意見なんだけど、もしも自分が建物を建てるとなれば、

ある程度のハウスメーカーを歩いて全体的にどういうものなのかを判断するはずなんです。

 

だって、ほとんどの人にとって一生に一度くらいの大きなお買物になります。

だからこそ、納得できるようにサポートしてほしいと思うのです。

 

ここで、営業担当によって差が出てくると思うんだ。

他社の事を悪口言う営業担当がいますが、その営業担当は他のハウスメーカーの建物のこと、

まるで分っていないんだから、、、(笑)。

 

それなのに、相手の悪い事言えんのかなって思っちゃうわけよ。

 

積水ハウス、ミサワホーム、タマホーム、ミサワMJホーム、住友不動産、パナソニック、旭化成、オープンハウス、などなどたくさんありますよ。

 

でもね、どこの建築業者も法令を順守して建築しているでしょ。

そしたらさ、建物の性能って、それほど極端に違いはないんじゃないだろうかと思うんだね。

 

もちろん厳密には違うんだよ。当然。

 

だけど、ちょっとした違いで、そんなに生活がしづらくなるような事ってないと思うんだね。

建物の性能も重要だけど、営業担当との打ち合わせで、どれだけ自分の考えを正確に具現化してくれる

スキルを持っているのかが、最も重要であると思う。

 

つまり、提案力。

 

あらゆることを柔軟に対応してくれて、なおかつ夢を具現化してくれることこそが最高だと思うんだね。

 

だから、会社の看板で仕事をするのって、何か違うように思えて仕方がないんだよね。

確かに会社ごとに建築工法が若干違うんだろうけど、それって、構造体であって、直接肌に触れるところであれば、いかようにでも作れちゃうでしょ。

 

構造は人間でいえば骨の部分だから、もちろん最重要であるのだけど、基本的に強度は保たれて建築されるのだから、その部分はメーカーごとにそんなに違いはないんじゃないだろうか?と思ったりもする。

 

(もちろん違いはあるんですよ(笑)。)

 

でも、私が選ぶとすれば、絶対に人で選ぶかな。

だって、どんなに構造部分がしっかりしていても、私の夢を具現化できない人に任せたくないもの。

人として、この人だったらちゃんとお願いできる!という人と二人三脚で、自分のわがままをあえてぶつけてみたい。

 

もちろん、できないものはできないでいいんだ。

その上で、なるほど納得できるのであればいいのだから。

もっともいやなのは、相手に気をつかって本音でお話しができないことなんだ。

 

だから、最も重視するのは「人」であるべきなんだね。

というのが私のものさしです。

 

ということで、あるハウスメーカーさんからご紹介を頂くのだけど、

そこには、営業担当のフィルターが1枚かかっているのでホントの真実が見えないので、

どう対応していいかわからないというジレンマがあります。

 

うれしいけど困る(笑)。

そんなご紹介はどうしたら良いのかな、、、(笑)。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    松田テスト (金曜日, 18 5月 2018 14:31)

    テスト