· 

二次相続の時は相続税がたくさんかかります。

二次相続というのは、配偶者(例:お父さん)がすでにお亡くなりになっており、

その後、(例:お母さん)がお亡くなりになることです。

つまり、配偶者がいない状態で相続が発生することを言います。

お亡くなりになったおじいちゃん
お亡くなりになったおじいちゃん

この時には、一次相続の時以上に税金(相続税)がかかってきますので、

相続税対策を検討されると良いかと思います。

 

下記は、二次相続の時に相続税が多くなる理由です。

 

 

1.配偶者がいないため、配偶者控除が使えません。

配偶者控除は、課税遺産総額から一定の計算式により、相続税の総額を計算します。

その後、相続割合により相続分を分配しますが、その時配偶者がいる場合、

配偶者に分配された相続税分は最低でも1億6000万円までは免除!されます。

かつ、法定相続であれば、10億円でも20億円の資産を相続したとしても、

相続税がかからないのです。これはすごくうれしい事です。

つまり、一次相続の時は相続税支払いが発生するのは子供達だけでしたが、

 

2.二次相続の時はお母さんがいないので、配偶者控除が使えません。

つまり、その子供達に相続税がもろにかかってきます。

 

3.相続人数が一人減るので、基礎控除も減額されます。

基礎控除は、相続人一人当たり600万円です。

という事がありますので、相続税対策はやっておくに越したことはありません。

 

相続税はなぜあるか知っていますか?

 

ある個人の富を社会全体へ再分配し、親の死亡により、偶然にその資産を

承継する子孫への富の片寄り、不公平感を無くそうというのが趣旨となるそうです。

 

たまたま、お金持ちのご両親の所に生まれたという理由だけで、

ずっとお金持ちというのはあまりに不公平だ!というわけですね。

 

人は、いつお亡くなりになるかわかりません。

 

ですから、相続が発生した際どうするかを事前に取決めをしておくのは、

残されるお子さんや配偶者に対する優しさでもあります。

相続が争続になってしまった
相続が争続になってしまった

それは、家族での話し合いでも良いでしょうし、親が内緒で遺書を書く、

という事でも良いのかもしれません。

 

そんな時には、遺言信託などの制度も利用されることも良いかと思います。

「相続」が「争続」にならないように、親にとっての最後の優しさになる事です。

人は必ずいつかはお亡くなりになるのですから、、、。

 

原則無料相談受付中です!(笑)

 

(専門性を特別に要する複雑な相談については、予約が必要です。)

 

(相談は原則無料ですが、複雑な相談は有料相談として承ることも可能です。)