4月・5月の不動産取引の傾向

よく同業者さんとお話しをすると、契約のお話しで、今月はやばいとか、4月5月はどん底だよ。

動きが鈍くて参ったよ、、、、。

 

そんなお話しがたくさん聞こえてきます。

 

で、当社では、

購入相談が3組。

売却が1組。

不動産の有効活用が1組という事で、色々と相談が来ております。

 

このご相談は、全て4月と5月に新規相談としてきたものですが、

継続している案件を含めると、結構な数です。

 

本当にありがたいなと思います。

 

で、継続の方では、初めてお会いしてからすでに丸2年くらいお付き合いのある方が、●●という物件を見たいという相談がありましたので、すぐに手配を取らせて頂いたのですが、どうやら所有者様の事情があって、すぐに見れないようでした。

 

そのため、2週間後に見学といった流れになりそうです。

 

 

 

でね、私の感覚値なんですけど、当社の場合、動きはそんなに変わっていないんですよね。

 

不動産市況としては、スマートデイズとスルガ銀行の不祥事で、投資用の不動産が大暴落していますね。

 

これは、本当に犯罪的な大問題です。

スマートデイズが、1つの物件を売ると数千万円の利益が出ていたというのだから、ちょっと高く売りすぎなんだよね。

というか、私の感覚としては、物件が高すぎてお客様に絶対にご紹介できなかったもの(笑)。

 

だって、明らかに損させるし、数年後、へたすりゃ破たんする可能性もある。

そんな状況で物件を買っていただいて、自分の利益だけ追求出来れば良いと言いうものではないよね。

 

だから、本当にこの2年くらいで投資用不動産を買いまくった人は、キャッシュ・フローが出ていればいいのだけど、一回空室が出ようものなら、次の賃借人の募集で同じ家賃取れるの???

って思えるような家賃設定だもの。

 

これはやばいよね。

 

この状況に波及して、自用の住宅ローンの融資が厳しくなったりすると、経済は崩壊だね。

住宅が売れないとやはり景気は悪くなるからね。

 

ホントに政府も含めて、特に中古住宅の流通には気をつかっていただきたいと思います。

 

という事で、お馴染みの脱線ですが、

 

当社としては、それほど忙しくもなく、そしてひまでもなく、ごく普通に動いている感じです。

 

世のなかの動向に合わせて、ムリせず自然体で業務をしていますから、毎日苦痛がありません。楽しいんです。

 

皆さんのご相談を真摯に受けて、そしてまっとうに行っていくという信念があればいいのだから、私にとっては本当にピッタリなんだね。

 

ホントそう思います。

 

明日は、久々にご新規のお客様でご相談業務からです。

 

久々に、いろんなお話しができるかな(笑)。

 

え?!

 

久々がおかしいって?!

 

別にいいじゃん(笑)。