売却依頼をたくさん受けてきて、感じたことを一筆。

私が独立起業してから、たくさんの皆さまから売却委任を受けてきました。

 

そして、そのほとんどが成約に至ったのですが、その経験の中で、色々とわかったことや再認識したこともありました。

再認識した私
再認識した私

銀行系仲介会社を退職し、すぐに起業して5年半(6年目)が経過しましたが、その間に相場価格の上昇下落などがありました。

そして成約に至るまでに、いろんなケースが見られました。

 

・情報公開後2時間で申し込みを頂いたケース。

・情報公開翌日に申込を頂いたケース。

・1か月、2か月、半年、1年程度かかったケース。

・2名の購入希望者がいらっしゃった時、価格よりも条件を優先する売主様のケース。

など様々なケースがありました。

 

売却方法には、様々な情報公開のやり方がありますが、実は私も、少し工夫をしながら情報公開の在り方を考えながらやっているのですが、実に、近年については、他社様からの客付がほぼなくとも、自社で買主様を見つけることができ、スムーズに契約締結と引渡し、その後の引越しや火災保険等のサポートも行っております。

 

状況によっては建物検査、リフォームも含めた対応をさせていただく事はごく普通のことです。

 

その方法はなにか?というのが重要なんですけど、

これは、ここには書きません(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)。

笑える私
笑える私

もしかすると、こんなキャラだからかもしれません(笑)。

ようするに、他社様の協力がなくても自社で買主様を見つけることが出来ちゃう。

そして、お客様に本当に喜んでいただくことが出来ちゃう。

というのが結論です。

 

会社の規模はまったく関係がないという”論より証拠”が確立しました(笑)。

 

数年前に書いたブログに、御社は客付力はあるのか!といった「文句コメント」を頂いたことがあったのですが、今ならもっと堂々と言えますよね。

「客付力なんて普通にありますよ(笑)って。」

(そもそも”客付力”なんて言ってること自体ダサいよね(笑)。)

 

客付けできるかどうかなんてのは、なんの自慢にもならないよね?

客付け営業(活動)ができて当然なんだから(笑)。

そんなバカなことよりも、お客様に喜んでいただくことができる事が、いの一番なだけなのですから。

 

それにね。

私、賃貸仲介大手の会社に在職していたとき、「年間契約件数」は全国営業マンで第1位の実績あるし(笑)。

一応営業社員は2000人超だったんじゃないかな。

これについての私自身の私への評価は、私がすごいのではなくて、お客様に喜んでもらうために本気で考えて頑張ったという努力が実を結んだだけなんだね。

 

単純に素直に、ただそれだけなんだ。

 

客観的に見ればすごい事なんだろうけど、やっている自分としては全然大したことじゃなくて、当たり前のことを当たり前のようにしていただけなんだね(笑)。

 

そしてその延長上に今があるだけなんだね。単純な話しなんだ。

 

さて、お馴染みの脱線をしましたが、

昨日は、久々に他社様もお客様をご案内してくれて、購入の意思表示を頂きました。これは大変うれしいことです。

 

ところが残念なことに、1組のお申し込みが少し前に入ってしまい、、、このお客様は2番手となってしまいました。

 

他社様からの2番手のお客様もとても良い方だったので、本音で言うと、お手伝いをしたいなと思うんだけどね、、、(笑)。

 

人としての筋は通さないといけないので、私からは直接声をかけるのは、やはりご法度なんだよね(笑)。

もちろん1番手のお客様もすごく良い人で、「松田さんに出会えてよかった!」と言われ、頭が下がりました(笑)。

 

ここのところで、たくさんの売却依頼をいただき成約をしてきた結果、売却方法の在り方について、私が考えてきたやり方が売主様の為になり、買主様の為にもなるという推定が確信になり、自信になりましたね。

確信を抱いた私
確信を抱いた私

いろいろと売却で迷っている人は、まずは当社にご相談を頂ければうれしいです。

(もちろん購入も。)

ご相談については、駆引きなく本音で説明します。

 

で、変だなと思ったら、遠慮なく「他社に頼むことにしました(笑)。」って言ってもらえれば良いと思っていますし、それがお互いに健全だと思います。

 

どんなことでも三方よしでないといけないんだよね。

そうでしょ?絶対(笑)。