· 

75才定年時代に向けた住宅ローンの行く末を想像してみた

住宅ローンの利用は本当に無理をしないでください。

これは、私の本音で、もう耳にタコができるくらい言いたいことです。

 

夢のマイホームを欲しいがために、住宅ローンを無理して組んでしまい、返済苦に陥ってるなんて聞いちゃうと、ホントかわいそうだと思います。

納得するおじさん
納得するおじさん

無理な住宅ローンを組んだ方は、お客様目線で考える営業マンと出会えなかったのかなと思っちゃいますね。残念です。

その他にも、予想外の出来事などが重なったのかもしれませんね。

 

ところで、高齢化社会となって、人生80年と言われていたのが、最近では、人生90年なんて言われているようですが、実際定年が60才とかであれば、どうやって、残りの30年生活すんの?って話しですよね。

住宅ローンの場合、若い時に、35年の住宅ローンを組んでおき、子供にお金がかかる時期には返済負担を軽くする事を目的にし、子供が巣立った後に、退職金などを利用して繰上返済するのがよく行われています。

その後は年金と貯蓄、パート収入などで生活する方が多いように想像しています。

 

ところで、、、、。

 

ここ最近感じるのですが、

社会保障制度も終身雇用制度も、既に時代錯誤の制度になっていて、それらの制度が人生の長さに比較し、不足感は否めません。

会社も終身雇用などが義務化されてしまったら、確実に倒産数は増加すると思います。

 

これから社会保障の抜本改革はされていくでしょうが、我々の最も身近な労働環境も変わらざるを得ないと言えそうです。

なにせ、若者世代の数が少ないのですから。

納得するおじさん
納得するおじさん

年齢を重ねたベテランは、その仕事においてはスキルがある(?)はずなので、60才、65才でもう終わりというのはもったいないです。

全体的に高齢化している社会において、高齢の営業マンがいてもおかしくはないと思うのです。

 

そこで、75才定年時代です。

 

こうなると、かなりの収入は確保できるわけです。

となると、自動的に住宅ローンの返済に余裕ができてくることになります。

また、団体信用生命保険の利用で、債務者が万一お亡くなりになった時には、生命保険で、残債が一括返済されますので、これまた安心です。

安心で豊かな老夫婦
安心で豊かな老夫婦

時代的には、そういった方向に流れているように思います。

だから、長い期間の住宅ローンを組んでも悲観することもなさそうなのですが、

最も悲観しなくてはいけないのは、毎月の返済額を目一杯にしている人。

 

これは、結構きついと思います。

 

困った時は、まずは金融機関へ相談です。

それでも無理だと感じたなら、不動産屋さんへ行って相談し、ベストな方法を検討すればよいかと思います.

 

せっかくのマイホームです。

ムダに手放すことがないように、決して無理をなさらずに前向きにご検討いただきたいなと思います。