· 

不動産売買契約の際、手付金を預かることについて

 

不動産売買契約を締結すると、買主様は売主様へ手付金を支払いますが、その後、たまにですが、その手付金を仲介業者が預かるケースがあります。

【先ずは予備知識です】

 

手付金とは、売買代金の一部前払金の事ですが、この手付金には、3つの性質があります。

 

1.証約手付

2.解約手付

3.違約手付

 

1.証約手付とは、字のごとく契約したことを証明するために支払ったお金という意味です。

 

2.不動産売買での手付金の意味合いとしては一番多いのがこれです。

解約手付とは、売主の都合で契約を破棄したい場合、買主様から受領した手付金を返還し、かつ同額の金銭を買主様に支払うことによって、本契約を破棄することができます。いわゆる倍返しと言われるやつです。

 買主の都合で契約を破棄したい場合、売主様へ支払い済みの手付金を放棄することで、本契約を破棄することができます。

ただし、不動産売買契約書に記載している期限日までとなります。

また、契約の相手方が契約の履行に着手している場合には、手付解除ができなくなります。

 

ちなみに、この履行に着手しているしていないでトラブルになることがあるようですが、私は一度した手付解除を経験したことがないので、イメージはあんまり湧きません(笑)。

 

3.違約手付とは、契約相手の違反(違約)があった場合に、損害賠償とは別に違約の「罰」として没収する事ができるお金という意味です。

 

 

実際には、2の解約手付の意味合いが多いし、そのほかの意味合いでいうなら1の証約手付でしょうね。3の違約手付については、違約解除の条文があるので、今まで考えたこともなかったなぁ、、、(笑)。

 

【手付金を預かる理由】

 

手付金は売買代金の一部であり大切なものです。

売主様の多くは、住宅ローンを利用して不動産の購入をしておりますので、売買代金を使って金融機関に住宅ローンの完済をすることを条件に、登記に設定された「抵当権」の抹消書類を金融機関から受領することができるのです。その後ようやく所有権移転申請手続きができるわけです。

 

ところが、この手付金をもらってウキウキしてしまった売主様が、他の要件でこの手付金を使ってしまったらどうなるでしょうか?

 

その場合、金融機関へのローン返済額に対して売買価格が充分に足りていれば問題ないのですが、仮に返済がギリギリだった場合や、ないとは思いますが売主様がフィギアが大好きで、超超レアもののフィギアをまとめて買っちゃったとかで、数十万はたまた数百万円も使っちゃったとか、、、(ありえませんがね(笑))。

 

万一、手付金を使ってしまい、住宅ローンの返済ができなくなれば、所有権移転申請手続きが出来ないことになります。

そうすると、買主様に不測の事態を生じさせることになりますよね。

という事で、物件の引き渡しを担保するために、仲介会社が預かるというわけです。

その他、売主様の当日の事情などで一旦あずからせていただくこともあります。(それはかなりのかなりのレアケースですが。)

 

 

 

・・・・・でもね。

不動産仲介業者としては、正直、あんまり預かりたくないんです。

だって、手付金って結構なまとまった額でしょ?

それを引渡日(1~3ヶ月程度の間)まで預かるって、超責任問題でしょ?

 

どひゃ~!!

あぁ、おそろしい(=0=;)。

そんな感じなんです(笑)。