大手の不動産会社さんで契約。たびたび宅建士の説明はダメだと感じます

※コメントよりご指導ご鞭撻をいただきましたので、内容を大幅修正しました(2019.11.9)

 

※今回コメントにて、ご指導ご鞭撻をいただき大変大きな気付きがありました。私自身、自分におごりの気持ちがあったように感じ反省しています。それを気づかせていただいたことに深く感謝いたします。ありがとうございます。

 

ーーーー

 

大手の不動産やさんで、中古戸建の契約をさせていただきました。

 

当社:売主様の仲介。

 

相手方の会社:買主様の仲介。担当者は経験値の多い社員様です。

 

 ----

 

購入申し込みが入る時点ではすでに契約に必要な書類は、すべてそろっており、8~9割がた作成済みでしたが、先方の仲介会社が自社の書式で作りたいといわれたので、私が作成した書類はお蔵入りになりました。(私が作成した書類・資料一式は先方に送り参考にしていただきました。)

 

共同仲介ですから、先方にすべて任せるわけではないので、作成中の書類をお互いがチェックし双方が納得いく内容で書類を完成させます。

 

ーーーー

 

契約当日、、、。

共同仲介の場合、宅建士のどちらかをメインの説明者として進行させていきますが、

先方の営業担当者さんが説明するのを希望され、買主様にも同意を得ました。

買主様は先方のお客様ですし、総合的な観点からメインの説明者をお願いしました。

 

その営業担当さんは、重要事項説明書も売買契約書条項も、噛み砕いた説明が全くありません。

(ものすごい早口で、書いてある内容をそのまま一気に読み上げるという印象です。意外でした、、、。)

事実、読んでいますから説明義務は果たしています。

また、宅建士によって説明の方法は十人十色ですから、説明の仕方に違いがあって当然でもあります。

(ちなみにですが、私は理解が遅いほうなので、このスピード感で初めて聞いたら全く理解できなかったと思います。)

 

私は売主側の担当をしてますから、その内容について前日、売主様に事前説明をして理解を得ています。

そのため売主様は、当日、聞かずとも何の不安要素もありません。

 

 

 

いつも不思議に感じるのですが、なんで営業担当はお客様に対して、条文を日常会話のように噛み砕いてあげないのだろうか?

条文を早く読むだけなら、宅建士が読み上げることを義務付ける意味がないと思います。

 

ーーーー

 

営業担当だって、宅建の資格を取る時に、難しい言葉がたくさんあったはずであり、相当勉強したと思います。

 

重要事項説明と売買契約書には、普段使わない言い回しが多くあり、意味が分かりづらい箇所も多くあるので、お客様が理解できるかできないか気が付くはずです。 

(我々営業マンのあたりまえは、お客様のあたりまえではないのです。)

 

----

 

しかし、お客様自身は、読み上げている部分とは全く違うところを目で追っていることが多々あることに気が付きました。

大丈夫だろうか、、、。

私も都度ここですよとお伝えしますが、読み上げている担当者は全く気にかけていません。

 

私としては、ペナルティー条項などの買主様がリスクになる部分については特に押さえてほしいので、そういった重要な場面では特に補足説明を入れていますが、もう一人の宅建士に説明(進行役)をお任せした以上、失礼がないように最小限にするのが礼儀です。

(といっても、買主様が理解できないようでは困りますから、お客様に注意を払っています。)

 

説明が終わり宅建士が「以上ですがよろしいでしょうか?」

すると、買主様も「(しばらく、う~んと考えてから)・・・・だ、大丈夫です、、、。」と言われました。

 

そのように言われれば、私は何も言えません。

 

読み合わせの時間は過去最短記録を圧倒的に更新しました。

私だと、どんなに急いでも、もう30分は必要です。

 

ーーーー

 

その後、宅建士さんが少し席を離れたときがありました。

私は、少しだけ心配になったので「ご不明なことがあれば、もう一度ご説明しますが理解できましたか?」と聞くと、「え、えぇ、、。まぁ、ちょっと○○でした、、、。」と弱いトーンで返事されたのが印象的でした。

再度「わかりづらい箇所があれば、もう一度説明しましょうか。遠慮しないでくださいね。」と質問すると「まぁ、、、何とか大丈夫です、、、。」と言われました。

 

買主様にとって、一生に数少ないセレモニーになりますが、あっという間に契約手続きが終わってしまった感じでした。

 

ーーーー

 

例えるとこれです。

現行の建築基準法の基準で、建築することはどの工務店でもできます。

誰もが当たり前だと考えています。

 

ところが建築基準法の基準よりはるかにレベルの高い建物がたくさんありますし、一般の建売住宅でも耐震等級3(建築基準法の1.5倍の強度)というのは最近では当たり前になってきました。

 

なぜでしょうか、、、。

 

それは、社会的要請により、建築のレベルが底上げされてきているからで、建築基準法に定められているかどうかという問題ではないと言えるでしょう。

 

我々宅地建物取引士も同じように、重要事項説明書に書いてあることを読み上げればよいのでしょうか。宅建士が読み上げれば、法令に定めた説明義務を行っていますから問題はないのですが、残念ながら、私にはそうは思えないのです。

 

ーーーー

 

契約締結の前に、重要事項説明を聞いていただき、内容がだめだ(不安だ)となれば、契約締結をする、しないの権利が買主様にありますから、それを行使するかどうかの判断をするためには、文章をわかりやすく説明する宅建士の存在が必要なのです。

 

我々宅建士には、買主様がその判断を正しくできるような説明が求められます。

買主が印鑑をついたから良いんだ!という営業マンも事実たくさんいます。

 

大人である買主様が、それを理解しようとしていまいと、雰囲気にのまれようと、脅迫などをされていないかぎり、印鑑を押してしまえば法律は買主様を味方してくれません。

私は、それがわかっているからこそ、宅建士には説明をちゃんとしてほしいと思っているのです。

自分の直接のお客様であればなおのことです。

 

今、不動産業界では、宅建士の社会的レベルを上げようと業界を上げて指導をしています。

そのような向上心ある人が集まるからこそ、業界も発展しますし、グレーな行為をしない営業マンが増え、お客様からの信頼も本当のものになるのではないかと思うのです。

 

宅建士は、もっともっとお客様主体になるべきだと思います。

 

 

不動産売買契約の条文は、みなさんの解釈とはかなり違ったものがあるので、なんとなくわかりづらいと感じたときは、ぜひ積極的に質問をしていただきたいと思います。

 

質問があれば我々はうれしいものなのです。

 

ぜひ、不動産売買を良い思い出にしていただければと思います。

 

 

コメント: 7 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    田島 (水曜日, 06 11月 2019 21:53)

    売主の仲介が不動産の博学で在らせられる松田様なら、松田様がご説明をさせたら良いこと。
    お客様を思うのであればその場で博学であらせられる松田様がご説明すべきでは?
    そもそも重要事項の説明は関わった業者それぞれにあり、説明が不足、分かりにくいと感じているのにその場でなぜ対応されないのか不思議です。印鑑もついているんでしょうから。

    人に文句を言う前にご自分の責任を果たすのが先決でしょう。
    わかりにくいと知っていて説明しないのは、その宅建士よりもたちが悪いですよ。
    悪意ですから。

    不動産について博学の松田様で在らせられますから、このコメントは無視してなかったことにされるようなことは無いと思いますので、返信を楽しみにしております。

  • #2

    松田 (水曜日, 06 11月 2019 22:42)

    田島様

    コメントありがとうございます。
    (私は博学でも何でもなんでもありません。)

    この時、私は売主側の仲介会社です。
    買主側は、某大手の仲介会社です。

    買主様が信頼した大手担当者が、買主様の目の前で買主様に説明をし、(私も当然同席しています。)買主様がそれを「理解しました」と仰るのであれば、私がでしゃばれることでしょうか?(とはいえ、しっかり押さえておいてほしいという部分については補足しますよ、もちろん。)
    理解しましたと言っている買主様に、いやいや理解してないでしょ?と、数十分程度しか会ったことのない買主様にそんな失礼なことは言えません。

    重要事項説明を説明している担当者が、実際にどのくらいのスピード感で、どのような説明をしているのか、田島様もその場所にいればわかるかと思いますが、その場にいなければこの記事ではわからないこともあります。

    田島様が買主様という立場になったときには、たくさん質問をしてほしいですし、理解できないときは説明を中断させてでも「詳しく教えてほしい」と言って十分に理解してほしいと思いますし、この記事を読まれた人が少しでも気にかけてくれたならこのブログを書いた意味があるのです。

    私がこういったことを書いている理由は、皆さんにこういうことが事実あるということ知っていただき、ご自身がその立場になったときに、遠慮せずにちゃんと質問して理解して十分に納得してほしいということ伝えたいのです。
    また、営業マンがこの記事を読んでいただけたなら、そういった部分に気が付いて、向上心ある変化があれば業界全体がより良くなると、自分勝手に思っています。

    それ以上でもそれ以下でもありません。

    貴重なコメントありがとうございます!

  • #3

    田島 (水曜日, 06 11月 2019 23:31)

    博学であらせられる松田様からのありがたきコメントに指を震わせながら返信をしております。

    でしゃばるというか、基本的には重要事項説明は取引に関わっている業者は買主に説明するのが当然のことですから、説明しているのはもう一方の宅建士だからというのは言い訳でしかないように思います。

    松田様のように不動産に博学であらせられる方が、宅建士の説明が拙いとわざわざブログで書くようなことでしょうか?難癖付けられるからその宅建士も委縮したのでは?と推測します。このように書くと、その場にいなかったのに何がわかるのか!?と叱られるかもしれません。

    松田様が納得されない未熟者の説明よりも、全て松田様が対応されると松田様が関わるお客様は皆様幸せになると思いますが・・・。

    不動産に博学であられる松田様
    未熟者の説明に憤慨され、お客様のために!を掲げられる松田様

    是非とも今後、松田様が関わる取引には松田様のありがたきお言葉でご説明頂きたいものです。お客様のために!を考えるのであれば当然のことですよね!?頼みましたよ!!

  • #4

    松田 (木曜日, 07 11月 2019 01:41)

    田島様

    度重なるコメントありがとうございます。
    田島様のお言葉は、素直に受け止めて今後の業務改善をしてまいりたいと思います。

    ーーー
    (追記的ですが、、、。)
    今回、この記事に取り上げた宅建士は未熟者ではなく、その店舗では役職のあるベテランです。
    ーーー
    (補足です。)
    以前、ひどい説明をしていた宅建士であっても、より良い説明をしている宅建士もたくさんいます。
    それに、私は普段から人を威圧するような態度や発言はしません(というかできません)が、取引上トラブルがあるといけませんから、明確にすべきことは明確になるまで確認はしています。
    (万が一ですが、担当者のかたが私のことを怖がって萎縮していたと仮定しても、お客様に丁寧に対応してくれるのであれば、そのお客様の満足度は上がるものだと思いますから、お客様は十分に理解し納得して喜んでいただけると思います。)

    実際に経験した話になりますが、
    全く別のある大手さんでも何回も一緒に取引した担当者様。
    初めてその方の説明を聞いたときはひどかったですよ、事実。
    その後、担当者様は頑張ったんでしょうね。
    数年のうちに、立場が上になっていって、いろいろと気づきがあったのか、対応が変わってきました。
    数回一緒に取引をさせていただきましたが、直近で私が感じたのは素直に「説明が丁寧で良かった」、「また一緒に仕事をしたい」と感じました。
    決して上から目線な意見ではありません。
    ほんとに良かったと感じました。
    これが素直な感想です。

    私のブログの目的・想いは、
    ・お客様が予備知識をもち、後悔なく楽しく不動産取引をしてほしいこと。
    ・私自身がお客様目線を絶対に忘れないという決意表明であること。
    ・悪く言われる不動産営業マンが、よりよい営業マンになってほしいこと。
    です。

    営業マンは、自分のできる範囲で誰だって一生懸命にやっているんですよ。
    それは私自身よく知っていますが、一生懸命やっているから、すべてが肯定できると言い切れません(私を含めて)。

    我々業者は業務として反復継続しておりますが、お客様にとっては一生に数度のお取引です。
    もっとお客様の気持ちを汲んで対応することがお客様のためだと信じています。
    それにこたえるためには私自身、不足している知識を学び、自己研鑽し続けなければなりません。

    ーーー
    ちなみに、あった出来事は日・月・年単位でずらしたりして記事にしています。
    決してあなた(それを読んでいる営業マン)のことではないと思います、、、。
    かなり前に、「自分のこと書かれていると思ってビビりました。」と勘違いされた人がおりましたので、一応書いておきます、、、。

  • #5

    田島 (金曜日, 08 11月 2019 23:48)

    何度も、不動産に博学で在らせられる松田様の貴重なお時間を割いてコメントを頂き感謝申し上げます。

    長々とよくわからない理屈を並べておられますが・・おっと失礼しました。心の声が溢れ出てしまいました。

    私が言いたいのは「共同で取引していて、不安に感じるような説明を横でされるのであれば、今後は全て松田様が書類の作成及び説明をされるべき」ということです。

    仰る通り、一生に一度の取引なのです。よくわかっているじゃないですか。
    だからこそ、不動産に博学で在らせられる松田様のありがたきお言葉で、お客様にご説明差し上げるのですよ。

    最後の文章は意味がよくわかりませんけど、ブログで書くという行為それ自体に「委縮」する人もいるでしょう。読んだお客様が自分のこと?と思い、そんな未熟な人間が説明していたのか・・・と思っていらっしゃるかもしれません。

    委縮させることを肯定されるのですね。それにも仰天しました。
    共同で仕事をする相手を委縮させる・・・。

    >>今回は先方の仲介会社が書類を作るという事で、私はずいぶん楽をさせていただきました。

    これも酷い。
    自分は説明しないし、書類も作成しないから「楽をした」のでしょ?報酬は貰うけど、楽をしたのですよね?ああ、この取引楽したわ~。とか言われたらお客の立場からすると、何それってなるわけですよ。少なくとも私ならそう感じます。

    さらに相手を「委縮させてもお客様が満足するなら良い」これですから。

    楽をして、委縮させ、ブログで晒す。
    あまりの内容に驚愕しております。

    お忙しく、松田様の貴重なお時間を割いて資料の作成や説明までをというのは、酷な話かもしれませんが、どうぞ共同で取引をされる場合は是非不動産に博学な松田様のお力でお客様の満足度を高めてください。

  • #6

    松田 (土曜日, 09 11月 2019 00:03)

    ???
    田島様は、不動産共同仲介の現場や実務をご存じないのでしょうか?
    それと、どうも私の言っていることと違う受け取り方をしているようです。
    とはいえ、勘違いさせる記事のようですから、少し内容を変えておきます。
    コメントありがとうございました。

  • #7

    田島 (水曜日, 08 1月 2020 20:11)

    おっと、実務経験が少ない人間が何を言うか!とお怒りなのですね。
    博学で在らせられる松田様に不快な思いをさせてしまい大変申し訳ございません。

    現場も知らない、実務も少ない、こんな私の戯言で、貴重な言葉が並ぶ文章を変えさせてしまい大変申し訳ありません。

    何度も申し上げますが、経験値の少ない人間に任せるのではなく、不動産業界の権威で在らせられる松田様のお言葉で、今後はどうぞご説明をお願いします。
    どうもこの点を避けているようですが、楽をしてはいけませんよ(笑)

    「楽をさせてもらう」ここに本性が・・おっと失礼しました。これ以上申し上げると今後松田様と仕事をする人間がまた、このブログで叩かれる恐れがありますのでやめておきましょう。

    人は反省することから成長が始まります。頑張ってくださいね。