大手の不動産会社さんで契約。毎度宅建士の説明はダメだと思うね。

 

今日は、大手の不動産やさんで、中古戸建の契約をさせていただきました。

 

私が売主様の仲介。

先方が買主様の仲介です。

 

それで、今回は先方の仲介会社が書類を作るという事で、私はずいぶん楽をさせていただきました。

もちろん、私の方では物件の調査等はすべて完了していますし、書類も作れる段取りまでできておりましたが、書類作成は2社で同時にできませんから、どちらかの業者がたたき台を作るというわけです。

 

でね。

今日は先方の営業担当者さんが契約書類を読んでくれたんですが、まいったよね(笑)。

 

その営業担当さん、とても温厚で優しそうな印象なんですけど、契約書類の条文の噛み砕いた説明がないんだよね。

正直びっくりするんだけど、お客様はまったく理解していないんじゃないかな?

 

私は売主側の仲介をしてますから、その内容について売主様にしっかり確認しているし、事前にこういった内容でやりますから安心してくださいねという事も説明しているので問題はないのですが、買主様はホントかわいそうな気がしたね。

だってね。

買主様は、これからその物件を所有するんだよ。

手放す売主様とは立ち位置が全く違うからね。

いつも不思議なんだけど、なんで営業担当はお客様に対して、条文を事細かく噛み砕いて説明をしてあげないんだろうね?

ただただ条文をつらつらと読んでいるだけなら、読み上げる機械に読んでもらえばいいじゃん。

若しくはCDで読み上げたっていいよね?

 

営業担当(宅地建物取引士)が重要事項説明や不動産売買契約書を読んで説明する理由って、分かりづらい言葉を分かりやすく説明する事だと思うんだよね。

 

営業担当だって、宅建の資格取る時に相当勉強したと思うんだよね。

それに引きかえ、お客様はその勉強すらしていないし当日はじめて法令やら都市計画やらの条文を聞くわけでしょ?

絶対分からないって(笑)。

絶対理解していないって(笑)。

お気の毒だよね。

 

 

 

それでね、その宅建士が読み合わせ(一方的に読んでるだけ)が終わったのでお客様に質問したんだ。

「以上ですが大丈夫でしょうか?(内容を理解したでしょうか?という意味。)」

 

すると、買主様も「大丈夫です。」って言うんだから遠慮しているよね、、、、。

 

・・・・・売主担当の私の心(==;)

(本当にこんなんでいいのかな、、、、???)

読み合わせ超早かったよ。

私も、どこ読んでるか分からないくらいだったよ。

 

買主様、絶対理解していないと思うよ。(もし理解していたら、すごく頭が良い方だと思うね。)

こういう時って、ほんと日本人だよねって思う。

遠慮が美徳ってことなのかもしれないけど、大金が動くのだから、もっと理解を深めた方が良いような気がしたよね。

どちらにしても、一生に数回程度のセレモニーを理解も出来ず、楽しく契約できていないような気がしましたね。

少なくとも私はそう感じましたね、、、。

私は売主側の担当だから、買主様が理解したと言っているのだし、買主様とその担当をする営業担当の間に割って入ることもいけないんだろうしね。

 

でもね、本当にかわいそうだよね。

これって、大手だからとは言いたくないんだけど、多いんだよね。

このパターン。

 

相手の立場に立って、ちゃんと説明するという「心」がないんだよね。

相手の事をしっかり考えて、ちゃんと説明をする営業担当はホント少ないし、ほとんど見たことがないよね、、、。

 

その程度の認識では、不動産業界的にやばくないだろうか、ほんとに、、。

 

営業担当にとっては、セレモニーではなく、契約出来れば勝ちなんだろうからね、、、、。

私が勝手に感じているだけかもしれないけど、認識のズレとは恐ろしいものです。