全国の空き家率、過去最高の13.6% 府中市は?

総務省が4月26日発表した「平成30年10月時点の住宅・土地統計調査」によると、日本国内の住宅総数に占める空き家率は13.6%に達し、過去最高になりました。

 

https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/tyousake.html

 

この調査は5年に1度実施されていて、その結果を「住宅・土地統計調査の結果」として、発表します。

 

1.住宅総数 62,420,000戸

 内訳1.居住世帯のある住宅 53,655,600戸(約86%)

 内訳2.居住世帯のない住宅 8,764,400戸(約14%)

 

2.居住世帯のない住宅 8,764,400戸

 内訳1.空き家 8,460,100戸(二次的住宅、賃貸用、売却用)

 内訳2.一時現在者のみの住宅 217,000戸

 内訳3.建築中の住宅 87,300戸

 

空き家のうち、

賃貸用住宅 431万戸

売却用住宅 29万戸

二次的住宅 38万戸

その他の住宅 347万戸 となっています。

 

※「その他の住宅」とは「賃貸、売却、二次的住宅」以外で、転勤・入院などの為居住世帯が長期にわたって不在の住宅や建替えなどのために取り壊す事になっている住宅のほか、空家の区分の判断が困難な住宅などを含んでいます。

 

 

平成30年の空き家率が最も高い都道府県

山梨県 21.3%

和歌山県 20.3%

長野県 19.5%

徳島県 19.4%

高知県 18.9%

鹿児島県 18.9%

愛媛県 18.1%

香川県 18.0%

山口県 17.6%

栃木県 17.4%

 

空き家が多い(理由による)というのは地域の産業が弱いという事の表れでもあると思いますので、人口流出を防ぐための何かが必要なのでしょう。

 

しかし、そういったことをするにも予算が必要であり、予算をかけても人口流出を防ぐことができるかは未知数の為、なかなか予算を組むのは難しい側面があるかと思います。

こういった地域での不動産購入は慎重にすべきですし、場合によっては、資産価値があると認められているうちに早めに処分をした方が良いでしょう。

 

 

平成30年の空き家率が低い都道府県

埼玉県・沖縄県 10.2%

東京都 10.6%

神奈川県 10.7%

愛知県 11.2%

宮城県 11.9%

山形県 12.0%

千葉県 12.6%

福岡県 12.7%

京都府 12.8%などでした。

 

この空き家率には、「賃貸用で入居待ちの物件も含まれます」が、空き家が多いと治安面の懸念が高まり、所有者がわからないままでは家を撤去できず、再開発の壁になることもあります。

空き家の中には、今問題となっている「所有者不明家屋」といったものがあるので、色々と問題は山積です。

 

相続で得た家屋や敷地を売ると、税金がかかる譲渡所得を最大3千万円を差し引けるしくみがあり、2019年末だった期限を4年間延長してくれました。

空き家の撤去や活用に取り組む市町村への財政支援や、専門家の育成も進めているようです。

 

 

空き家を防ぐには総量規制?

空き家は大きく2つに分けることができます。

 

1.賃貸や売却などの予定がある物件。

2.賃貸や売却などの予定がないその他の住宅物件です。

 

2.は将来的に使い道のない物件であり、別名「所有者不明家屋」と呼ばれる不動産です。

そのような物件が増える理由としては、人口減で需要が伸びていないのにも関わらず、大量の新築住宅の建設が増えていることが大きな原因です。

 

日本では、住宅の総量規制を行っておりませんが、海外では総量規制を国が決めているそうです。

住宅の総量が決められているので、住宅の数が余ることがありません。

住宅が余らないので、中古住宅になっても価値が下がらないのだとか、、、、。

米国なんかでは、新築価格が5000万円だとして、築後30年経過した物件が6000万円になるとも言われています。

なぜ価値が上がるのでしょうか。

それは、それだけお住まいになっていればリフォームを施しているはずなので価値が上がっているはずだし、築後30年も建物が維持しているのだから建物は丈夫であるという判断・考え方ができるようです。

 

なるほど、理にかなっていると思いますし、建物インスペクションなどもちゃんと取り組んでいますから日本とは住宅に対する考え方は根本的に異なっているようです。

いずれにしても、人口減の世の中ですから、空き家問題を解決するためには総量規制はどうしても避けられないでしょうね。

その反面で、住宅に支えられている景気の部分もあったりするので、総量規制をすればその歪はどこかに必ず出てくるでしょうね。

 

ーーー

 

日本人は、新築が大好きです。

私だって好きです。綺麗だもん(笑)。

でも、中古物件だって素晴らしいのです。

自分の好きなリノベーションができれば、それはオンリーワンの素晴らしい経験ができることだからです。

 

 

 

府中市空き家対策の計画もあります

https://www.city.fuchu.tokyo.jp/gyosei/kekaku/kekaku/kankyo/akiyatoutaisakukeikaku.files/fuchusiakiyagaiyou180321.pdf

 

府中市の平成25年のデータになりますが、(調査が5年ごとのため)

1.住宅総数 129,130戸

2.空き家総数 15,460戸(12.0%)です。

どうです。なかなかの空き家率ですね。

 

ところがどっこいというお話になっていまして、

「上記2.空き家総数15,460戸」のうち、賃貸用の住宅の空き家が13,010戸(空家のうち72.6%!)なのです。

 

賃貸用の住宅の空きが、かなり多いということです。

 

ちなみに売却用の住宅は670戸(4.3%)という事で、だいたい私のイメージ通りという感じでした。

(平成30年のデータはいつ出てくるのかな。。。)

 

今後の空き家対策は、市を中心に民間がしっかりと対応をしていく必要がありそうです。

空き家が多ければ治安維持も難しくなります。

利用する事のない空き家は、できる限り売却をして、現金に換えて、他の資産へと組み替えることをお勧めいたします。

 

 

スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる
土地情報をいち早く欲しい方向け
土地情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
物件情報をいち早く欲しい方向け
府中市・近隣市区のマンションの資産価値
マンション売出事例がわかる