団体信用生命保険の告知で気を付けるポイントは?

自分は団信加入できるかな

住宅ローンでマイホームを買おうとしている人にとって団体信用生命保険(団信)はとても重要な問題です。

気に入った物件が見つかって、いざ住宅ローンの審査をしたとたん、健康上の問題で団信加入ができないとなると、住宅ローンが利用できないことがあるので、もうがっかりです。

 

物件探しも大切ですが、住宅ローンを利用する方は、あらかじめ団信についても最低限のことを知っておきましょう。

住宅ローンの本申し込みの際に団信の告知書を記入しますが、その告知書に記入する時の注意点は、正直に書くこと。ということになります。

 

 

告知書はありのまま答えること

団信の告知書記入で大切なポイントは、

質問に対する事柄を「ありのまま」真実を保険会社に告知する事です。

 

軽い気持ちで、過去の病歴や現在の健康状態を、事実と違う告知をしてはいけません。

 

告知書で事実を告知しない場合や、事実と違うことを告知すると、いざ保険料が支払われる時の調査で引っかかってしまい、保険会社から「告知義務違反」とみなされ保険料が支払われなくなります。

 

告知義務違反になれば、保険会社は団信の保険契約や特約を解除します。

契約を解除されてから住宅ローン契約者に万一のことがあれば、団信の保険金を受け取れません。

その結果、住宅ローン返済ができず破綻してしまうという最悪の事態も考えられます。

団信に加入したいからといって事実と違う告知をして、その結果大切な住宅ローンの保障も大切な住宅も失ってしまうのでは、意味がありません。

 

告知義務違反には何一つメリットがなく、デメリットしかありませんので、必ず正しい告知をしてください。

 

 

健康状態に不安がある方は、ワイド団信も検討しましょう

持病をお持ちだったり、健康診断で指摘を受けたり、健康状態に不安があるときはワイド団信の検討もしましょう。

不安がれば、仲介業者の担当者または、金融機関の担当者に相談ください。

 

ワイド団信とは、一般の団信よりも告知内容が緩和されている「引受基準 緩和型 の団体信用生命保険」です。

そのため一般の団信の審査で引き受けを断られた方でも、ワイド団信なら引き受けてもらえる可能性があります。

ただワイド団信に加入するためには、住宅ローン金利に一定の金利上乗せが必要になるケースがほとんどです。

また健康状態に不安があったとしても、一般の団信に加入できることがあるので、まずは一般の団信で審査を受けてから、ワイド団信を検討するのが普通ですが、融資承認まで時間がない人は、一般団信とワイド団信を並行して審査をしてみましょう。

 

 

団信の保障は安心のはじまり

万一のとき、住宅ローン残高を、保険会社が全額弁済してくれる団信。

家族にとって安心できる手厚い保障が魅力ですが、団信の加入時には健康状態の告知と審査が必要です。

 

団信の加入条件や審査内容は非公開となっています。

そのため「加入できるか、できないか」は事前には分かりません。

 

もしも告知事項に該当する場合でも、絶対に加入できないというわけではありません。

事実、私のお客様で、難病指定の持病をお持ちのお客様でも加入できたことがあります。

 

まずはありのままの健康状態を告知し、審査を受けることが大切です。

健康状態に不安があるからといって、告知書に事実と違う告知をすれば団信の保障を得られません。住宅ローンの返済ができなくなる可能性もあります。

 

事実と違う記載・告知にはデメリットしかないので、必ず正直に告知してください。

家族全員が安心して団信の保障を得るために大切なのは、正しく告知書を記入し、適切な保障で備えることです。

団信にはさまざまな種類があり、それぞれ審査内容も違います。

一般の団信で審査に通らなければ、

健康に不安がある方でも加入しやすい「ワイド団信」の加入も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

【東京都府中市、近隣市区の不動産売却、不動産購入は㈱わいわいアットホームへご相談ください】