世のなかの企業、ウソだらけ。

最近、この手のニュースばっかりなので、世のなか、ほんとウソだらけだよねと実感してしまうよね。

 

国土交通省は、油圧機器メーカーの国の認定などに適合しない免震装置を出荷していたと発表した。出荷先は、共同住宅や病院、事務所など計986件。

出荷前の検査で、精嚢が認定に適合しない製品について許容されるデータに書き換えていたそうです。

とりあえず、震度6強から7程度の地震では倒壊する恐れはないようですね。

 

少し前もクロネコヤマトがあって、ディーゼルの排気ガスの不正なんかもありましたよね。

フォルクスワーゲン、BMW、スバル、スズキなんかが耳に新しいです。

(他にもあったかもしれませんが。)

国内メーカーでこう言ったことが報道されるというのはやはり悲しい事です。

 

 

いつも被害者は、それを知らない人

大企業は安心だ。

 

そんな言葉がよく聞かれましたけど、私は決してそんなことはないと思っています。

なぜなら、組織が大きければその分多くの経費が掛かります。

不正をなくすことを理由に社内ルールを作れば、それを管理するための人件費も作業も多くなるため、さらに経費がかさむことになるので、それを回収するためにより大きな利益を追求しなくてはいけなくなります。

 

会社は営利を目的としていますから、利益を追求する姿勢は当然大事です。

世の中お金がなければご飯を食べていくことはできないし、旦那さんであれば家族の生活を守るために一生懸命仕事をするからです。

 

しかし、こう言った不正の上に成り立つ(成り立たせる)仕事って、どうなんでしょうか。

私は本当にイヤで仕方がありません。

 

・・・もしもです。

私がそこの社員だったら、私はどうしているでしょうか。

・・・イヤだとは言っていても、上司の指示に従って不正をしているかもしれません。

 

なぜなら、上司に逆らって評価が下がるようなことすれば、昇格しない=給料が上がらない。

それは、家族を不幸にすることになります。

それは背に腹は変えられないとなります。

 

こういった不正をしてしまう環境(社風)のせいで、世のなかの人たちを不幸(苦情をつくりだす。)にするし、信頼というものがない世の中になっていくのだと思います。

 

・・・営業マンは思うでしょう。

会社が売上を上げろと言うんだから仕方がない。

上司の指示なんだから仕方がない。

 

そういって、自分の不正を正当化していくのかもしれません。

でも、どんなに言い訳をしようとも過ちは過ちであることに変わりはありません。

 

 

責任感はあるのだろうか

 

そういう意味では、本当に責任感があるのか疑いたくなります。

依頼人やお客様である「人」をなんだと思っているんだろう、、、、。

自社を信頼してくれる人を裏切っても平気なんだろうからね。

スゴイ魂だよね。

 

自分を信頼してくれる人を裏切ることは絶対に行けないと思う。

しかも、会社規模で裏切るんだから、それは本当にすごい事だと思うよね。

 

 

社会人は、個々では良い人ばかり

 

会社と言う組織を無視すれば、本当は良い人ばかりだと思います。

人に対してウソを付いちゃいけないなんてことは小学生でも知っているし、

自分の子どもにはそういうしつけをしていると思うんです。

 

でも、スーツを着込むと戦闘態勢に入り、人格が変わってしまうんだね。

いや。

人格を変えざるを得ないんだ。

本当に悲しい事だと思う。

 

綺麗ごとだけでは社会では生きていけないこともある。

競争社会だし、社内でも競争がある。

いかにして上司に気に入られるか、という競争もある。そう、社内営業ってやつ。

それが自然とできる人は素晴らしい才能があると思うけど、社外の人に対してウソはダメだろと思う。

 

 

何を信じるのかって、、、

 

そんな世の中で、何を信じればいいのかという事になるのだけど。

 

それは直感でしかないのかもしれない。

だから、気になる人や会社があれば、直接会って話しをするしかないのだと思います。

 

目は口ほどにものをいう。

正にその通りですよね。

 

私は目が怪しい人はだめだと思っていますが、

その理由が私に原因があるのだとすれば、私が反省をすべしと思っています。

 

良い出会いは、その人の人生をプラスに変えてくれるし、悪い出会いは、その人の人生をマイナスに働きかけます。

 

どんな状況にあっても、自分が努力することを忘れてはいけないと思います。

どんな人に出会ったとしても、何を言われたとしても、最後は自分が決断する事だからです。

 

私は、何を信じるの?と言われたら、いろんな信じるものってあるとは思いますが、

「いの一番に自分の判断を信じる」だと思います。

 

人から聞いたことを、自分で判断をして、正しいと思ったら行動することだと思います。

自分の判断が正しいか間違っているのか、それを判断するには、まずは自分で勉強をする努力をすることだと思います。

そして、「依頼者の利益を優先できるプロ」に相談する事だと思います。

 

中立な立場でお客様の幸せを願ってアドバイスをしてくれる人に。

 

 

 

私は、こっそりと府中で不動産業をしております。

 

私は、本音で仕事がしたいし、駆引きはしたくないのです。

駆引きをすることで依頼者が損をするということは、自分の心にしこりが残る行為だからです。

 

 

未来はだれにも見えません。

だけどできる限りの未来を予測し、お客様にとって、より良い選択ができるように、アドバイスをしっかりとしなくてはいけないと思っています。

 

私の課題は、より幅広い知識を習得するために日々勉強をするということです。

知識を深めて、よりお客様の利益に直結できるようにしたいと思います。

出来ればお客様の人生を丸ごとサポートできるようにと考えています。

 

 

わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!
わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!