MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

不動産営業マンの無知ぶり発揮!ただのバカです【府中市の不動産屋さん】

おバカな人
目次

不動産仲介の営業マンはプロですか?

みなさんは、不動産仲介営業マンについてどのようなイメージを持っているでしょうか。

私は「不動産に関する知識があり、周辺環境、地域の相場感、その他もろもろの情報を持っていて、宅建業法にある程度詳しく、取引に必要な範囲の法律にもある程度長けていて、契約書類の内容についても、読み込めばある程度理解ができる人」でなければならないと思っています。

お客様から、いろんなご質問をいただいたいとき明確にアドバイスができ、明確なアドバイスができない時にはどういった理由で明確にアドバイスができないのかを、明確に説明できなければならないと思いますし、少なくとも、中途半端な知識で相手を困らせたり、判断を誤らせるような説明をしてはならないと思っています。
こういったことをしっかり対応できない不動産営業マンは、素人に毛が生えただけの見かけだけの不動産営業マンでしかありません。

不動産業界にいる人はスーツをビシッと着ているから頭が良いように錯覚して見えますが、本当のところ中身はスカスカで、お給料をもらうためだけに、ただやっている人もかなり多いと感じます。
このようなただの御用聞きみたいな不動産仲介営業マンに自分の人生を左右するような不動産売却や購入のアドバイスをしてもらうという選択をしてしまったお客様自身にもミスがあるので、将来トラブルになった際には、責任逃れはなかなかできないものなのです。
こういった不動産仲介営業マンにあたってしまったお客様は、不幸中の不幸です。

不動産営業マンのアドバイスによって、お客様の人生は左右されてしまうのですから、お客様のことを真剣に考え真摯に対応できない不動産仲介営業マンは失格の烙印は免れません。
お客様自身が自分の幸せ、家族の幸せを真剣に考えるのなら、不動産仲介営業マンをしっかりと選ばなければなりません。

不動産仲介営業マンは馬鹿ですか?

考える営業マン

私ごときが言うのはおかしいかもしれませんが、不動産仲介営業マンにはバカが多いです。
日常的に大きな額の不動産を取り扱っているため、ことの重要性を忘れているように思います。
バカにも種類があって、
1.知識が乏しいバカ
2.人に対する思いやりにかけているバカ
3.いろんな視点から物事を考えられないバカ
4.自分で考えたり調べることはせず、上司に指示されたことだけが正解だと信じているイエスマンバカ
5.お客様からの質問に対し、チンプンカンプンな間違った説明をしているのに、自分が正しいと疑わないバカ
6.自分の売上ノルマ達成のために、お客様にデメリット情報を伝えられないバカ
7.お客様の立場に立って物事を考えられないバカ
8.その他もろもろの強烈なバカ

というように、たくさんのバカがいます。

不動産仲介営業マンの多くのバカは、自分のノルマ達成のために物件のデメリット情報を言わなかったり、お客様が他の物件に興味があると言っているのに意図的にその物件はすでに売れているようなことを言って、自分によりメリットのある物件を購入してもらうように仕向けて行くバカがいます。

これはもう、お客様にとっては致命傷です。

結論を言うと、かなりの高い確率で不動産仲介営業マンはバカです。
サラリーマンであれば、上司が不適切な指示を出したとしても反論できる人はまずいません。
なぜなら人事権・評価を掌握され、自分の首根っこを掴まれているからです。

自分の出世や給料を気にしないで、お客様のために本気で行動できる営業マンは、それはそれで「良いバカ」です(笑)

そういう気概のある人の一定数は、いち早く独立して自分で会社起こしますけどね(笑)
なので、私は常に「良いバカ」でいたいと思っています。

不動産営業マンはうそつきですか?

驚く営業マン

不動産仲介営業マンに、うそつきは多くいますが、後々、営業マン自身の立場がまずくなるウソはだれもつきません。
なので、後でごまかせるウソであれば、平気でうそを言ってしまうのが不動産仲介営業マンです。
私も沢山の営業マンを見て来ましたが、本当にお客様のことを考えて行動している営業マンにお会いすることは少ないです。

たとえば、営業マン本人に言わせれば自分は嘘は言わないというでしょう。
しかし言っていることがちんぷんかんぷんなバカがいます。
それは、自分で勉強をするという努力をしていないのです。
勉強していないから、自分が間違っていることに気が付かないので、そもそも根本が全然間違っているのです。

こういった低レベルな担当者が対応しているお客様は不幸そのものですよね。
当社にもいろんな相談がありますが「ほかの不動産屋さんに、こういうことを言われたんですけど、実際どうなんですか?」という質問に対しては、契約書類等を見せていただくことにしています。

すると、その不動産仲介営業マンは本当に勉強不足ですよね。
まったくもって契約条文を理解していないし、知ろうと努力もしていないのが伝わってきます(笑)
こういった間違ったアドバイスをしていても、営業マンに間違いの自覚がないからウソは言っていないと主張するのです。
私からすれば、間違いというウソを言っているということになります。
こうなるとお客様は正しい判断が出来ず、どんどん悪い方向に進んでしまうことがあります。
本当に危険な不動産仲介営業マンです。

不動産売却と不動産購入で後悔しないためにどうするか?

よくわかっていないご夫婦

ここでは、不動産仲介業界にそろそろ20年くらいになる私の独断と偏見による結論を一言だけ書きますが、詳しいことは書きません(笑)

「会社規模、ネームバリュー、見た目が良い」としても、営業マンも同じように比例することはありません。
営業マンは個人商店という位置づけなので、あくまで個々人の努力次第です。
ぜひ、反比例している営業マンが多い事に気が付いてほしいものです。
以上です(笑)

みなさんが後悔しないためには、お客様の将来も見据えて総合的にアドバイスをしてくれる不動産仲介営業マンを探すしかありませんが探すことは容易ではありませんし、たぶん不可能かもしれません。
なので、とりあえず松田に相談しに来てください(笑)

きっと楽しいですよ、、、(笑)

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次