愚痴は言い出せばキリがない【府中市の不動産屋さん】

「愚痴を言うと運が遠のいていく、、、。」

 

これは、私が20代のころからずっと言われ続けたことでして、あれから私の耳にはおおよそ千匹のタコが住み続けてくれています(笑)

 

 

愚痴が次から次へと出てくる人

いろんな人と会えば、いろんな意見があり、十人十色というだけにたくさんの意見があります。

それらの意見は、いろんな見方ができて、私自身なるほど!と勉強になったり、学びの機会になるのですが、会うたびに愚痴ばっかり言う人っていますよね(笑)。

 

私自身は、愚痴を言うと自分の心が腐ってくのがすごくわかるので、愚痴を言いたくないのです。

だから、愚痴を言う人には、自分からは近づきません(笑)。

楽しくないからね。

 

でね。

例えば10人集まれば、その中に必ず1人は愚痴が大好きな人がいます。

100人集まれば、10人くらいは愚痴が大好き。

そんな人が集まって、SNSなどでは、愚痴斉唱をして、徹底的に人のことをたたいて悪く言っているのはよく見ますよね。

 

私はああいった光景を見ていると、ホントにうんざりしてくるんですよね。

自分の顔が相手に見えないことを良いことに、相手のことを否定しボロクソに言いますよね。

あれ、自分の顔が世間にさらされている状態だったら、果たしてあんな罵詈雑言(ばりぞうごん)を言えるのかなと思うわけです。

つまりSNSなどで人の悪口を言う人は、実は弱虫だったり卑怯者である可能性が高いと私は思っています。

 

私は、自分の顔が世間にさらされても、さらされていなくても、ああいったことを人に言って傷つけるようなことはしたくないと思っています。

 

反対意見はあって当然なので、そういったことをお互いが学び合って、一つ上の考え方に成長すれば良いだけだと思うのだけど、そうは問屋が卸さないようです(笑)

 

 

愚痴を言ってよくなることある?

 

でね。

 

愚痴というのは、辞書によると、言ってもしかたのないことを言って嘆くことです。

つまり、行動を起こさずに文句を言うことです。

 

愚痴を言って自分の思い通りになるのは、わがままが通じる幼少のころだけです。

良い年になれば、自ら率先して行動を起こさなければ解決しない問題ばかりです。

自分の人生、愚痴を言いつづけても何のプラスにもなりません。

 

愚痴を言う人は、きっと人からは好かれないと思います。

だから、愚痴を言う人は愚痴を言う人だけで自然と集まって不穏な感じ。

そんなところにいたら、自分なんて息苦しいし場違いだとしか感じません。

 

SNSなんかだと、人の批判、誹謗中傷、偏った自分観もけっこう多く、もう少し俯瞰して物事を見れないのかなと思うような意見も多数あります。もちろんテレビにだってあります。

そういうのを見ると、なんだか人の心が荒んでいるな、、、と思ったりします。

 

毎日、朝のテレビでは同じことをくり返し言い続け、洗脳をするかのようにバカらしいことばかり。

テレビって要するに企業広告なのだけど、もう少し人の「ため」になることを放送したらどうなのかなと思うことがあります。

あぁ、これは私のテレビに対する愚痴ということになります(笑)。

 

ね。

言っても仕方がないでしょ(笑)。

 

 

愚痴は自分の気持ちを押し下げる

愚痴は、言えば言うほど、自分の気持ちがふさぎ込んでしまい、ろくなことになりません。

 

私が不動産業界に入る前のこと、20代で営業をしていたとき、自分の思い通りにならないことに腹が立ち、車の中で人がいないところで「んにゃ~!!ぎょえ~!!みゃお~!!」と、わけのわからない声でしょっちゅう叫んだものです(笑)。

 

自分の思い通りにならず、腹が立って腹が立って仕方がなかった時代です(笑)

でもね、よくよく考えれば、自分が未熟であって、それを自覚することなく、我を通していただけということに気が付かされるのです。

自分の考え方、受け止め方に問題があると気が付いた時、

今までの気持ちが180度どころか540度変わりました(笑)。

 

いろんなことから、

自分の不甲斐なさに気が付かされたのです。

 

それから自分は変わることができました。

思い通りにならないことがあれば、

自分に何か原因があるはずだと考え、

自分が変わるべきと思えるようになりました。

 

愚痴を言っている時っていうのは、

自分を正当化する事ばかり考えているわけですが、

自分を正当化して良い事なんて一つもありませんでした。

一時的に相手が自分に合わせてくれていただけの話しであって、実際は全く自分のためになりません。

 

人へ感謝する、謙虚になる、人のために役立つ行動ができる。

こういったことができなければ、

いつまでたっても自分の気持ちを押し下げるプロフェッショナルになっていたことでしょう私です。

 

 

結局のところ、府中市の不動産や「わいわいさん」は愚痴を言いたくないのです

ということで、

私は愚痴を言うことが嫌いです。

誰かをねたみ、そねみ、誹謗中傷することが嫌いです。

正直、人の悪口を聞くのも好きじゃない(笑)

 

自分自身はこういった悪口の類を言うのが嫌いなのですが、

こと、お客様の悩みを聞くことは嫌いではありません。

 

なぜなら、私がどん底を経験させられたことがあり、その辛さを身をもって知っているからです。

私は、皆さんの人生を好転させてほしいと思っています。

暗くなっている人に対して、不動産を通じてにはなるのですが、お客様の気持ちを明るくすることができれば、それは私自身がその人のために役立ったことになります。

 

私は、いろんな相談を受けますが、お客様に対し愚痴は言いません。

お客様に愚痴を言うこと自体がおかしい事だからです。

しかし客観的事実はお伝えしなければならないことがあるので、言葉を取捨選択をしながらトラブルを回避するという観点から必ずお伝えするようにしています。

 

お客様から難しい相談をされれば、プロの知識と経験を使って、それを何とかするのがプロの仕事だと思っています。

プロだからこそ、様々な経験を駆使して、思いを巡らしてアイデアを出して目的に向かって行動ができるはずだと思いこみます(笑)

 

そういったことに挑戦をさせていただけることも、私にとっては更なる経験値になり、業務としてもうれしいことになります。

 

愚痴を言わず、常に前向きに物事をとらえて受けとめる。

これが最も大切だと思っています。

 

府中市にゆかりのある方、

不動産の売却、不動産の購入、不動産にまつわるお悩み相談など、お待ちしております。

 

 

【東京都府中市、近隣市区の不動産売却、不動産購入は㈱わいわいアットホームへご相談ください】

 

 

 

≪この記事を書いた人≫

 

 松田博行(株式会社わいわいアットホーム:東京都府中市) 

 

  ●公認不動産コンサルティングマスター

  (相続対策専門士/エバリュエーション専門士)

  ●宅地建物取引士

  ●宅建マイスター

  ●既存住宅アドバイザー

 

電話 042-319-8622

 

会社概要