MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

不動産営業マン優先?順番がおかしいよね。【府中市の不動産屋さん】

当社でも収益物件の買取を考えており、最近買い取り物件の情報が少しずつ来るようになりました。
ある不動産仲介会社から、物件情報が来たので「よさそうですね。もう少し細かい資料見たいですね。」って言ったもんだから、CAを書かされました。
CAというのは「守秘義務契約」の事で、この情報はいかなる理由があろうと他言してはいけないよっていうもの。
いちいち情報を他言なんてするわけないのですが、書かないと資料を見ることができないので書くわけです。

すると、その不動産仲介会社は物件の内見をしてほしいというのですが、当社は細かい資料を一切見てないので、遠い物件をわざわざ見に行くつもりがないわけです。
まずは資料をしっかりと見てから購入に値するかを判断するわけですから、現地を見ただけで何がわかるというのでしょうか。
今回は、事務所系の物件ですから、居住用物件よりも空室リスクが高いわけなので、より慎重に考えるべきなんですね。
そういった物件にもかかわらず、資料も送ってきてない段階で内見日を決めてくださいって、、、。
そりゃないよね。

お客様が主体であるべきであって、営業する人が主体になっているとはおかしなこと。
もちろん営業マンにも主体性は必要だけどね。
物事を決めるのはあくまでお客様。
今回のお客様は私自身。
立場が変われば見え方が正反対なので、とてもいい勉強になりますね。
断るときはしっかりと断らないと相手に対しても悪いので、資料が来たら真剣に検討します。
まずは資料をしっかり確認。その上で、現地を確認。そして疑問があったら質問・理解・納得。でしょ。
そう感じる今。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次