MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

電柱の移設(NTT編)【府中市の不動産屋さん】

今日は寒かったねぇ。雨降ってるし10℃いってないんだねぇ。
こんな日もバイクで走っておりますが、カッパは必需品ですね。

さて、今日は、電柱の移設の件で現地を確認しにきました。
前回、電柱所有者を調べたところNTTだったので、連絡の上、現地に来ていただきました。
(これは前回行った時の写真。晴れてます。)

電柱と電柱の間はおおよそ30mという規定があるそうですが、その理由は、空につっている電線の最下垂部が地上から5m以上ないといけないそうで電柱の引っ張り力等を考慮しなくてはいけません。
そんな理由から移設する範囲にも限界があるそうです。

現地で、お互いに確認をしながら、希望を話していると、だいたいの移設先の見当がついてきました。
移設費用は、依頼者負担となりますので、費用はしっかりと考慮することになります。

今回は約4mほどの移動を検討しており、その費用はおそらく30~40万円とのこと。もちろん、後日正式な見積もりが出てきますが、経験上はだいたいその位らしい。
もし、電柱をもっと先に移設とかなると、上に張り巡らされている電線をそっくり付け替えたりしないといけない事も出てくるため、その場合には、なんと100万円かかることもあるらしい(◎o◎;)。
う~ん、高いねぇ。

でも、利用しやすい不動産にするために必要経費として考え、移設をしたいというご要望です。

これも不動産屋さんのお仕事です。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次