MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

初!外国人に勘違いされました。【府中市の不動産屋さん】

今日は、物件確認をするため都内の不動産業者にたくさんの電話連絡中です。
私、ずっと体調が悪かったので、お口の中が炎症おこしちゃって、ちゃんと喋れなくて、自分でも何言ってるかわからないときがあります。

(↑ いわゆるこの状態です。)

で、ある不動産業者さんに連絡すると、女性が出まして流暢な喋りで上品に会社名を言われたので、こちらも負けずに、超上品に返してやろうか!と思い、炎症を起こしたお口にムチ打って頑張って喋ると、向こう側から、「はい!」と野太い声、、、w(人が違うくらいの声になってました(笑))

そして私が物件名を言うと、その物件はご紹介中であるとのこと。
そして電話が終わる直前、電話の相手方が「失礼ですが外国人ですか?」と私に質問するのです。

えぇ!?

もしかして、私があまりにもたどたどしい喋り方になっているから外国の方に間違えられたのかな?と思ったので「いえ、都内の不動産仲介業者で、、、、」と説明すると「買主様が外国人だと、所有者様が怪訝な感じになるんです。」と言われました。
やっぱりそんな声に聞こえたんだろうなと思いました。

さっきも、お客様から電話がかかってきたときにいつもと声が違いますね、と言われてそうでしょう、そうでしょうと、、、(笑)
こんなに体調が辛い状況でも休めないんです。
おかげさまで、、、、。
ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次