MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

昨日は感謝と楽しい1時間半【府中市の不動産屋さん】

昨日、来店されたお客様の初回接客時間は約1時間30分ほど。

いつも、だいたいこのくらいの時間をかけてお話しをします。
いろ~んな楽しいお話しをするので、どうしてもそのくらい時間がかかってしまいます。とてものんびりとしているのです。
で、どんなお話をするかというと、いわゆる不動産業界的本音トークです。

だいたいベテランさんになってくると、どういった話しをすれば良いのか自然とわかってきますよね。

今日は、1年前に来店されたお客様から再度連絡がありました。
ちょうど1年前に物件のご案内をさせていただきまして、その物件はとても気に入っていただけました。しかし、購入するかしないか迷われていたので、何を迷われているのか伺いました。
そうすると、それはたしかに悩みであり、うまくいかないとしばらくの間は生活が大変になるだろうということは私でも容易に理解できました。

でも、物件は気に入っているということだったので、とりあえず、すぐに決断していただくのではなく、まず、私の方で関係官庁に確認をしてご報告するという流れにさせていただきました。

その時の私のアドバイスはこうです。
「調べてみてこういう事がわかりました。なので今は購入を見送った方が良いと思います。また、良い時期(タイミング)になってから改めて物件を探しましょうよ。」
それで、購入を一旦中止していただいたのですが、早いものでそれから1年が経ちました。
そして、またご連絡をいただけました。

こういったお問い合わせをいただけるということは、当時、私が本気でお客様目線でアドバイスを差し上げることができた賜物だと思います。
物件は気に入っているので「お客様には絶対ピッタリの物件ですし、がんばればなんとかなりますから、ここで決めませんか。」と言えなくもないのですが、生活が大変になる可能性が極めて高かったので私の性格的にどうしても買いましょう!とは言えません。
やはり、お客様の為を一番に考えての対応が正しかったのだと思います。

今日ご来店されたお客様にもお話ししましたが、不動産売買をするにあたっては絶対に失敗してほしくないのです。
皆さんが不動産売買で失敗しないために私がいる、そんな気持ちでいつも仕事をしています。
この考え方は絶対に間違っていない考え方です。
こういった気持ちが相手に伝わって信頼し合えるような人間関係ができて、初めてお仕事もしっかりさせてもらうことができるし、お客様のお役にたてることができるんだと思っています。

不動産仲介会社がお客様を選ぶのではなく、お客様がたくさんの仲介会社の中から、どの人に頼もうか、どの会社に頼もうか選ぶわけです。
私は会社名は一切関係ないと思っています。
会社よりもどの担当者に頼むかが大切なんだと思っています。

私は、お客様から選ばれるためにも、真摯に表裏なくしっかりとお客様の為の仕事をしっかりと行っています。
取引先に対してもそうです。相手を想って仕事をします。
これが人としての基本理念だと思います。
と力説しても、本当はこんなことは当たり前の事なんです。
でも、その当たり前のことができる人って、実はとても少ないように思うのです。
ご縁で出会えたことに感謝して、しっかりと対応をしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次