MENU
シニアサポート『100年ライフノート、日常生活サービス、家族信託、遺言作成、生前整理』※準備中含む       

自転車の法律が厳しくなりましたね。いいことですね。【府中市の不動産屋さん】

自転車事故の増加を受けて、6月1日から自転車に関する法律が変わりました。
これはとても良いことですね。

自転車に乗る人は、もっと周りに配慮して走行するべし。
ですが、そういったことを考えて走っている自転車はもしかすると少ないのかもしれません。

これからは14歳以上の人が自転車で危険な行為を行い、3年以内に2回以上違反すると自転車運転者講習の受講が義務付けられるそうです。
この「危険な行為」は14項目あり、その内容と運転ルールをご紹介します。
(1)信号無視:信号は守る
(2)遮断機が下りた踏切への立ち入り:遮断機が下りた踏切に入らない
(3)一時停止指定場所での不停止:一時停止の「止まれ」の標識がある場所では、一旦止まって地面に足をつけ、安全を確認する
(4)歩道通行時の交通法違反:歩道では歩行者優先で、車道寄りを走る
(5)ブレーキ不良自転車:ブレーキがない自転車や効きが悪い自転車は整備をする
(6)酒酔い運転:飲んだら乗らない
(7)一方通行などの通行禁止違反:「自転車は除く」との表示がない一方通行路には進入しない
(8)歩行者専用帯での徐行違反:歩道を運転する場合は、スピードを落として乗る
(9)通行区分違反:道路の左側を走る
(10)路側帯での歩行者の通行妨害:歩道がない路側帯を走るとき、歩行者の邪魔をしない
(11)交差点での安全進行義務違反:交差点では、特に車や歩行者に注意して運転をする
(12)交差点での優先車妨害:道路標識を確認し、優先道路を走る車両を優先する
(13)環状交差点での安全進行義務違反:道路が円形になった環状交差点では、周囲の車や歩行者に注意をして運転する
(14)安全運転義務違反:傘さし運転や二人乗り、携帯電話で話をしながら、イヤホンで音楽を聴きながらの運転はやめる 

車と同じように左側を走る。これ、違反者多いそう。
止まれは足をついて止まる。これも違反者多いそう。
酒酔い運転。これは絶対に違反者多いそう。
一方通行を逆走できない。これは今までより遠回りだね。
傘差し、携帯電話、イヤホンのながら運転ダメ。これは良いね。
と、気が付いたこと書きましたけど、要するに、周りに配慮した優しい運転をしないといけません!ってことだよね。
傘差しがダメとなると、カッパが爆発的に売れるねぇ。とか考えちゃったりして(笑)

とにかく、ご年配の方たちも増えていきますし、もっと優しい運転をしてほしいよね、ほんとに。
ちなみに、甲州街道(国道)の車道を自転車が走っているのはどうかと思います。危ないし。
しかも車道の片側2車線の右側を走ってる愚かな自転車が、、、。
常識的にどうかと思います。危険すぎるでしょ。法律を勘違いしてるのか、それとも私の認識が間違っているのか、、、。
きっと規制対象ですよね。だから私が間違ってなければ、とっ捕まえちゃってほしいね。
危なくてしょうがないから。

それと、危険運転している自転車が車と接触した際、自転車にも責任があるということも考えてほしいかな。
非常識な走行をしている自転車の責任が0%って、ホントおかしいと思います。
もしかして法律変わってますか???

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次