MENU
不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口|まずは無料相談から始めましょう!

不動産購入申込みを頂くなら、プライド持てよの話し【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産・相続・終活に困ったときの相談窓口』松田の本音満載ブログです!

電話する営業マン

先日、大手不動産仲介会社(T社)経由で、当社専任媒介の物件に、不動産購入申込みをいただきました。
ところが不動産購入予定者(Aさん)が、急遽海外出張になってしまい、すぐに契約ができないという連絡がありました。
当社は、売主様利益を守る立場ですから不動産売買契約がホントにできるのか心配になります。

T社に、Aさんの契約意志は固いのか確認すると『契約意志は固い!』とのこと。
急なキャンセルってことはないんですか?と、しつこく確認すると強い口調で「大丈夫!」というので、そこまで言うのならT社担当者を信用し、契約締結日を決めるのはAさんが出張から戻る約2週間後にして、不動産購入申込みを受理したのです。

アドバイスする営業マン

とはいえ、売主様の利益を損なう恐れのある行動はできませんから、他のお客様の募集(2番手以降)も同時並行で行う必要があります。不動産売買契約を締結をしていない状態は、法的な権利と義務が発生しないので、簡単にキャンセルができるからです。

そして、不動産購入申込みをいただいてから約2週間ほど経過し、契約日を決める約束の日が到来しました。
ところが、T社から連絡が来ないので、こちらから連絡すると「担当者が電話中なので折り返しさせます。」と別の方に言われました。
しかし、当日連絡はありませんでした、、、(==;)
やっぱり、またこれか、、、。
全く無責任な対応です。

翌日、私が再度T社担当者の携帯電話に直接連絡をしても出てくれません。
すると、その数分後、担当者ではなくその上司から連絡がありこんな説明を受けました。

困った営業マン

不動産購入申込みをされたお客様は、日本支店から出張のため本国へ帰国したのですが、急遽本国の会社に戻る事になったとのことで、申込みがキャンセルになってしまったというのです。

(==;)

『絶対にキャンセルはない!契約は固いです!』と言っていたのに、これか、、、。
『絶対』とか『固い』って言葉、全然信用できないじゃないの、、、。
いい大人が正式な不動産購入申込みをしていながら簡単にキャンセルするのかい。
そして、その程度の意志の強さと、その状況のお客様から不動産購入申込書を受理するT社とは、、、。

ありえないよなぁ(==;)。
プライドないのかなぁ、、、こんなゆるい不動産購入申込みを取るなんてね、、、。

そもそも。
お詫び連絡をするんなら、上司からではなく担当者からだと思うのだけど違いますかね?
不動産購入申込みをするという事は、相手に対して購入の意思表示をする事。
いい大人が購入の意思表示をしているのに、簡単にキャンセルってあり得ないでしょ?
プライド持てよ、、、T社社員。

お客様の一大イベントなんだから、各書類の意味合いとか、しっかり説明してあげなきゃね。

きっとT社担当者が「万一の時は、軽くキャンセルもできますから大丈夫ですから、物件を押さえときましょう。」とでも言って、購入申込書を書いてもらっているんだろうと思います。
そうじゃなきゃ、一般の人が不動産購入申込書を書くこと自体、怖くてできないからね。
不動産の売買取引を軽く見てんだな、このT社社員たちは。

私がお客様と接客をしていたら、このような緩い不動産購入申込書は絶対いただきません。
相手に失礼になるし、買主様の意志が弱い場合、無理やり感が出ます。
それ自体、ほんとうにおかしい事だから。

くま

ということで、私は大反省をしました。
当社に売却依頼をしてくれている売主様に対しても申し訳ないので、今後、他社からの緩そうな不動産購入申込書は一切受理しないことにします。

今日は、とってもまじめな話し。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアと応援、ワンクリックおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次