クレジットカード手数料上限を政府が要請

「国民には、選択の余地はない!」と言われているようで、すごく不愉快な私です(笑)。

 

今回は、私が個人的に思ったことであり、現実と相違する可能性があるので、適当に読んでやってください。

 

 

カード手数料上限3%台 消費増税時に政府が要請

2019年10月に消費税が8%から10%へ上がると決まりましたが、色々と問題がありますよね。

ニュースとか昼のワイドショーとか散々騒いでいますよね(笑)。

 

食品などの人間が生きていくうえで絶対に必要な買い物については10%の消費税を一旦は徴収するけども、クレジットカードを利用してキャッシュレスにて買い物をすれば、ポイントで2%相当を還元しますというやり方を検討しているわけ。

 

これ、私はあまり快く思えません。

 

 

仕組みはコレ

財務省と経済産業省は消費者へのポイント還元に参加するクレジット会社に対し、加盟店から受け取る手数料率に上限を定めるように求める方針だそうです。

 

これは素晴らしい!

と思えるかい!って話し。

 

たしかにキャッシュレスを後押しすること自体は時代の流れとして進めていくことなのかもしれない。

しかし、このクレジットのシステムを導入する中小企業にとっては、かなりのダメージになることも考えるべき。

 

たとえば、ジュース130円には消費税があります。

消費税が10%とすると、

税抜119円

消費税は11円です。(端数処理はごかんべんください。)

 

さて、売上の4~5%をクレジット会社へ手数料を払うのはお店側です。

つまり119円×5%とすれば6円です。

すると消費者は130円払っているのに、お店側の実収入は、113円となります。

 

お店側は、クレジット手数料を代金のうち5%を負担します。

つまり、利益率が5%減るのです。

 

5%なんて大したことないだろって思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

大きな問題です。

 

だって、もともと利益率10%しかないものが「損失▲5%以上」になるのって、めちゃ重大だからね。

つまり、皆さんの給料は利益から支払われるのだから、その分目減りする事が考えられるわけね。

 

参考までに、オートローンとか4%って聞くと高いと思うでしょ?

住宅ローン金利4%だったら、とてもじゃないけど生活がかなり苦しくなるレベルです。

 

毎日のお買物はそれほど額が高くならないから平気だと思ってんのかもしれないけど、額が少ないなんて事は決してありませんからね。

 

 

そのつけは

最近では、携帯電話の通信料が高いから安くしろ!と政府が言っていますが、これはある意味私は賛成(笑)。

人は自分の都合良いところだけは賛成するのだ(笑)。

本当に申し訳ない!(笑)。

 

それはともかく、このクレジットのシステムの負担は、消費者が想像する以上に企業側は負担となります。

そして、そのつけは最終的に誰に回ってくるのかを考えれば、答えは決まっているのです。

 

最終消費者である「消費者」に回ってくるのです。

 

既に「ステルス値下げ」なんて言葉があるでしょ。

価格は一緒だけど内容量が減っているんですよ。

ポテトチップスなんで一昔から比較すると、かなり減ったよね。

 

こういったシステムが社会的に導入されると全ての物がインフレ方向に動くと思います。

そしたら、消費税プラスとインフレになったら、給与の実収入はまた減るという事になるでしょ。

結局、社会全体が2%還元をしたとしても誰も得がないことになるのではないかと思うのです。

唯一得するのはクレジット会社なんだろうけど、利益率が減れば、結局作業ばかりが増えて、やっぱりコストパフォーマンス的にも良くないことになってしまいます。

 

それに2%を還元する財源だってまだ見つかっていないでしょ。

 

 

手数料3%となるのは、世の中の流れとしての要請であれば甘んじて受けるしかないにしても、その分コストが上がるわけで、結局は物の価格が上がるという事になるんだろうと思います。

 

社会全体のシステム構築は大変です。

 

 

もっとシンプルにできないのかね

つまり。

クレジットカードを使おうが、使わなかろうが食品等は8%で計算してしまえ!と言いたい私です。

コンビニのイートインは外食であるから10%だとか、そんなことはどうでもいいじゃん。

イートインじゃないんだよ。あそこは。

お店側は休憩場所を提供しているだけであって、買ったものを自宅に持って帰ろうが途中で食おうが、それがたまたまイートインであったかなんて、それは買った人の自由なんだから。

 

 

消費税率が変わることで、社会全体が変わらなければならない状況は理解しています。

 

もちろん方向性が決まれば、私だって協力していく気持ちはあるのだから、良い形でまとめてもらいたいなと思います。

でもクレジット利用を促すための2%還付は正直反対かな。

発想が抱き合わせ売りに似ているもんね。

 

私が思うのは、普及を目指すのであれば、商店にもクレジット手数料相当額を還付してあげてほしいものです。

財源を確保しつつ、ここまでやってくれるのであれば、政府のお望みは全て問題なく通りますよね。

 

 

政府が民間に口出しって不自然?

今回の場合、社会全体としての話しになるので、政府が口出しをしなくてはいけないのだろうけど、あんまり政府が民間の業務に口出しするのはどうなのかな、、、と思ってしまいますよね。

 

まぁ、社会全体が良い方向に舵を取るために必要なことは、どんどんしていってもらえれば良いと思うんだけど、今回のクレジット手数料はちょっと負担大きすぎるよね。

 

かくいう私もクレジット決済の導入を考えたことがあるんだよね。

便利なのは間違いないからね。

 

だけど、手数料のあまりの大きさにとても無理だと思いました。

今後、世の中が変わってくれば、やらざるを得ないのかもしれませんけどね。

 

しかし、財源の確保が問題だよね。

ホントどうすんだろ。

 

そんなひとりごと。

 

 

わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!
わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!