不動産コンサルティングマスター試験の後

いやいや、こわいです(笑)

 

本日、すべての解答速報が発表されました。

 

おぉ、、、ケアレスミス連発

不動産コンサルティングマスターの試験。

初めて受験しました。

 

午前2時間は択一式の50問。

これがまぁ、時間がピッタリで終わるくらいで見直しなんて全然できませんでした。

で、お馴染みなんだけど、ケアレスミスでの間違いがあるんだよね。

 

でね、本気でわからなかった問題がこれ。

それは、平成30年公表関係の内閣府「世界経済の潮流・・・」、「年次経済財政報告」に基づく日本経済、国内企業動向と雇用賃金動向。

この最新動向については他の勉強すべき項目がありすぎて手が付けられませんでした、、、。

せいぜい日経新聞で読める範囲だけ。

それと建築知識の不動産仲介業者がほぼ触れる事のないところですね。

さらには不動産証券化。これはムリだわ。試験範囲が広範囲なだけにピンポイントでそこを押さえられないよね。証券化の勉強については最初に一通り流して全体像を把握しただけで、点数としては完全に捨てたよね(笑)。証券化については実務では知らなくて良い項目です(笑)。

 

午後の2時間は記述式で、実務 事業 経済 金融 税制 の5科目です。

これはホント時間がないね。と言っても試験終了10分前で何とか解き終わったんだけど、これこそ見直しが出来るような時間ではないよね。

ちなみにこっちのケアレスミスはほんと多い。

答えは「長女」を指しているのだけど、ついつい「次女」と書いてしまったりね。

あれは絶対に×になる、、、、。

おぉぉぉぉ。

 

 

念押しの勉強があだにも

記述式が合格を左右すると思っていたので、テキストとネットと過去問使って相当に勉強して計算方法も習得したんだけど、ずるいよねぇ。

内容は理解しているんだけど、ケアレスミスをしている箇所があるので多分15点は落としているんだよね。

最初の数字を間違うと、その後数問は理解していたとしても全てバツになっちゃうんだもの。

あれはキツイよね。

 

なので問題の出し方がとても絶妙だよねぇ。

さらに。

一生懸命、勉強した項目が逆にあだになってしまった感がたっぷりあります(笑)。

 

後から思ったのですが、ああいう「見落とししちゃうとダメ」な問題は、うまく作っているよなと感心してしまう。

(実務であれば、書き込む時に考える時間があるから絶対に間違いなど起こさないだけに、ほんと悔しい(笑)。)

 

まぁ、それは言い訳でしかないんだけど、合格発表日がくるまでは結構ビビってます(笑)。

 

 

一応合格点だと思うけど、、、。

解答速報による自己採点によると、とりあえずここ数年の合格点ラインは超えているようです。

ここ数年で問題がやや難しくなっているということを風のうわさで聞いたんだけど、だんだん落とすための試験になっている感はありますよね。

個人的には必要充分には理解しているという感がありましたが、とにかく、勉強をしなければあれは絶対に受からないかな。もちろん勉強さえしっかりすればそれほど難しいというわけでもないような気もしました。

 

それだけに、ケアレスミスが悲しい、、、、。

何とか合格点に届いていればいいなと思います(笑)。

 

 

合格がイイのは当たり前だけど(まとめ)

さて。

6月中旬くらいから隙間時間を使っての試験勉強は終了しました。

一応、合格ラインからはやや上なので、万一がない限りは合格していると思うんだけど、

とにかくケアレスミスが多すぎたから、これがあだにならなきゃいいなと思っています。

 

試験で思ったこと。

記述式の表があるんですけど、あれはずるいんだよね。

初めて見る表だから、どこに何がどう書いてあるのか理解読み解くのに、時間がかかっちゃうんだ。

全体を見てからでないと、何が書いているのか意味が分からない。

前後の数字の内容が理解できない。

だから、時間がどんどん無くなっていくので精神的に焦るよね、、、(笑)。

 

ということで、そういう部分で、ケアレスミスを誘うんだよね。

ほんとずるい(笑)。

後で、再確認すると「なんだ、こんなの理解していたじゃないのよ、、、。」ってことがあるよね。

 

試験は時間との勝負だったりするので、頭の回転という瞬発力がないと、ほんとうにダメなんだなぁとつくづく思いましたね(笑)。

 

さて、合格するかしないかは、もう決まっていることだろうから、結果は気にせずに、次もまたどんどん勉強して、スキルを磨いていこうと思います(笑)。

 

そしてたくさんの方々の喜びを得られるように、日々研鑚してまいりたいと思います。

 

 

PS。試験当日びびったこと。

午後の試験(記述式)が終わり筆記用具も机に置いて答案用紙を試験官が回収に来る時、隣の方の解答用紙の答えが見えちゃいました(笑)。

私と全然違うのよ、、、、。

 

あれは、焦ったわぁ~。

本気で焦ったわぁ~。

この場合、私が合格で隣の人が不合格か、隣の人が合格で私が不合格か、最悪二人とも不合格かもしれないと思ったよぉ~(笑)。

 

さらに、反対隣の人は、試験終了の30分前には鉛筆を置いたんだ(音で分かった)。

そして、その後、問題を解いている様子がない。

すげ~、なんでこんなに自信満々なんだろう?そんなに簡単だったかなぁ?と思ったよぉ~。

 

 

わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!
わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう!
スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります
スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります
土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう
土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう