MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

お問合せに対して久々の愚痴を言おう(笑)【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

ご夫婦にアドバイスする営業マン
目次

最近、不動産の変なお問い合わせが多いです

最近、ホントおかしい。
当社では、LIFFLE HOME’S(ポータルサイト)に府中市内の売却不動産を掲載しています。

LIFFLE HOME’Sからのお問合せは、それなりに来るのですが、このお問合せが本当に不思議でなりません。
特に、最近は本当に変です。(本音で失礼します、、、(笑))

当社のスタイルは、不動産の売却委任を所有者様から直接受けた物件以外は、ポータルサイトに掲載することはしていないので、こうやってお問合せが来るととてもうれしいわけです(笑)
なぜって、所有者様に喜んでいただけるからです。
私は、不動産の購入検討の方にも裏表ない説明をするので、購入希望者からも喜んでもらえる自信はあります。
ところが、最近のお問合せでは、変なのが結構多いのです。

不動産売買の取引は、信頼が前提です

ご夫婦

たとえば。
メールでお問い合わせが来ると、私からお礼メールと今後の流れを大まかに説明したメールを返信します。
物件を見たいというお問合せですから、私が送信したメールに反応があってもいいはずです。
しかし、まったく返答がありません。

私は困惑しますが、せっかくお問い合わせをいただいているので、お客様へ何度か電話をします。
呼び出し音が何回もなっているのに、電話に出てくれません。
最近のお問い合わせだと、5回も電話したのに折り返しの連絡すらありません。
メールに返信しても一切の返信がありません。
電話の呼び出し音がならずにすぐに電話が切れてしまう方もいます。

このような場合「物件を見たい」と言うお問合せに対して、私はどうすればいいのでしょうか。
誰かわかる方がいらっしゃったら教えてほしいです(笑)

お客様のご希望に沿うように、所有者様にも予定を確認したり、もしかしたら見学になるかもしれないから、家のお片付け等やっておいてください。と言うように、売主様には手間を取って頂いたりしているのです。
しかも、売主様自身が具合が悪い時でも、せっかくお家を見て下さる方がいるなら、、、ということで、ムリされる売主様もいらっしゃるのです。

このように、見学希望をのお問い合わせを出したお客様から見えないところで、こちら側では色々と動いているのです。

自分の意志でお問合せをしているのに、こちらからの連絡(メール、電話)は無視するのでしょうか?
私には、まったく理解ができません。
事情があるなら、せめてその旨を返信くださってもいいのではないか、、、。

私は、人として単純にそう思うのです。

無駄なお問い合わせの結果、お互いが損をします

がっかり落ち込みます

私は、心が狭い方ではないと自負していますので、後日同じ人からお問合せがあった際、何らかしらの理由で連絡ができなかったことがわかれば、別に意地悪な対応もしないし、過去の事は全然気にせず親切に対応できます。

しかし、不動産仲介営業マンの中には
「こういう対応をするお問合せ客は土壇場で裏切る(連絡が取れなくなる)」可能性があるので、最初から相手にしない事もあるのです。
営業マンの気持ちをそのようにしているのは、お客様自身の行動が原因であるケースもあれば、営業マン自身の素質の問題でもあったりしますので、一概に誰が悪いとは言えないわけですが、少なくとも、当社(私)の場合、お客様にしつこい営業活動はまったくありませんし、皮肉を言う事もありません。

人には感情があるので、後々で気持ちが変わることだってあるでしょう。
だから、気持ちの移り変わりがあっても問題ありません。

だけど、大人が自分の意志でお問合せをしているのに、そのお問合せに対して責任を持てないのだとしたら、、、、、。
これは、やっぱりお客様本人に、
1.何かしらの事情があるのか、
2.何かしらの問題があるのか、どちらかと判定せざるをえませんよね。

こちらは、お問い合わせをする方の事情など分からないわけですから、いいかげんな問い合わせであるならやめてもらいたいのです。(本音ですみません、、、、(笑))

不動産に居住中の所有者様が一番大変なのです

う~む。まいったなの営業マン

このようなお問合せは、居住中の売主様は本当に大変です。

見学しに来るのであれば、いつもよりは念入りにお掃除をしなければいけません。
自分がお住まい中である家が「商品」になるだけに、売れるまでの間、気を使うわけですから、その気苦労もあります。
なので、こちらからの連絡を無視するようなお問合せになるのでしたら、そもそもお問合せをしてくれない方が良いのです。(本音です。あぁすみません、、、。)
売主様の立場にもなっていただき、よく考えていただけるとうれしいです。
売主様、本当に大変なのです、、、。

という事で連絡待っておりますが、連絡来るかな、、、?

ということで、連絡を待ちたいと思いますが、ダメならダメではっきりしてもらえれば、ズルズルいかずに助かります。

ちなみに。
他の不動産仲介業者(A社担当者)に通っていて、問合せ物件の紹介を受けているとします。
A社担当者が信頼ができないので当社へ直接連絡をしてくれたという事であればウェルカムではありますが、A社担当者を信頼しているのであれば当社へお問合せをするのはやめてほしいと思います。
A社担当者も一生懸命やっているだろうと思いますので。

A社担当者に知識がなく、いまいち不安なので、当社のサポートを受けたいという事であれば、ご相談から初めていただければ幸いです。

まとめ

悩みます

先ほど売主様へ、問合せ状況を説明しました。
すると、、、、。

本日の見学を了承されていたのですが、体調を崩しているので、本日の見学は申し訳ないのですがお断りしてほしいとのご相談を頂きました。
やっぱり無理されていたんだなぁと思うと、気の毒だし申し訳ない気持ちになります。

こういったこともあるので、見学を希望される方は、ぜひ、売主様の事も配慮していただけると、うれしく思います。

売主様も買主様も、お互いが幸せになるための不動産売買ですので、お互いに、良い意味で気を使いながら、楽しく喜びの心で手続きを進めていただければうれしいです。

当社は、楽しい気持ちでサポートさせていただきたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次