MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

(相談)私、不動産と財産が多いのです。【府中市の不動産屋さん】

喜ぶご夫婦
目次

予約なしの不動産相談の来店

先日、府中市内にお住いの方からお問い合わせをいただきました。
そして本日、予告なしでご来店されたので、最初はだれだろう?と思いました(笑)

お話しを聞くと、先日お問い合わせをいただいた方でした。
事務所にいてよかった~と思いました(笑)

私が外出していると、せっかくご足労をいただいたお客様に対し対応できず、ご迷惑をかけてしまうので、できるだけ電話かメールを事前にいただけるととてもうれしいです!という独り言も書いておきます(笑)

相続財産(納税資金)の悩み

相続財産が多いということだったので、その悩みについて、ざっくりとお話しを伺いました。
すると、ご自身で相続税はいくらくらい、、、というのをすでに計算していて、それを逆算すると、かなりの財産をお持ちのようで、割合としては不動産が多い印象でした。

自分自身が老人ホーム等に入った場合の費用、わが子の相続財産分割、将来の納税などを考えると、どうしたら一番いいのか考えているようで、いろんなシミュレーションを自分でしてきたそうです。
すばらしいですね。
その案の中に、競売物件を購入したらどうだろう?という考えがあるようです。

なるほど。
確かに市場価格よりは安く手に入れることができます。
ナイスアイデアですね。

1R賃貸マンション投資

以前、いろんなメーカーで収益不動産の投資についてセミナーを受けたそうです。
1R賃貸マンションの手付けを打ったそうですが、後でおかしいぞと気が付いて手付解除をしたそうです。
(※支払った手付金を放棄して不動産売買契約を解除する事)

思い切りの良いかたですね。
こういった人は、多少の失敗があっても、それを成功の母にすることができるので、大きな失敗がありません。
だから、やり直しがきくのです。

だれでも損切りはしたくありませんが、損切りをプラスに受けとめて、資産を増やしてく姿勢はさすがです。
家族や自分のため、努力をしてきたんだなぁと感じました。

競売物件の購入のこと

家

競売物件は怖い側面があり、一概に良いとは言い切れません。
法的なリスクがありますが、リスクヘッジできるのであればとてもメリットある購入方法です。

しかし、一般的には、所有権をはく奪される元所有者がいたりしますので、いろいろな問題が生じることもあり大変だったりします。収益物件の場合、賃借人がいますので、新たに賃貸借契約を巻きなおすということになりますが、それ自体は、特段の心配はありません。

しかし、家賃と毎月の支払などがバランスしてメリットがあるのかをちゃんと考慮する必要があり、最も大切なことは、現在の賃料が適正なのかどうかです。
現賃借人が退去した後に家賃が大幅に下落するようであれば、危険な香りがすることになります。
そんなことを勘案して、メリットが十分に感じられるならゴーサインです。

ホントに節税になるの?

申告の計算

収益不動産(1Rマンション)を購入すると節税になると言われますが、ほんとに節税になるのでしょうか?
私は、大半の人にとっては、節税にはならないと思っています。

(例)
毎月の家賃収入以上の支払い(ローン、管理費、固都税、その他)が発生し、赤字構造を作るだけの人も多くいます。それに耐えて10余年、、、、。
やっと売れる額と債務額がバランスしたころに大規模修繕でドーンとお金が出てしまう人もいます。
あれ?儲けるために購入したはずが、全く儲からない、、、。
売却益も結局出ず、売却損が出てしまった、、、。
購入した不動産によっては、そんなこともあるので、物件の選定には気を付けるべきです。

収益不動産の場合、期待利回りがありますが、これがあまりに低い(空室リスクが高いうえに収益性が悪い)物件は鼻から購入してはいけません。
収益不動産は購入額が成功の可否を分けますので、あまり知識がないお客様の場合、不動産業者(営業マン)のためにお金をささげるようなものです。
リスクが高いと想定される物件は絶対にNGです。

でも、、、。
不動産は立地にもよるので、その立地で適正と考えられる物件であれば購入し、適正でないと考えられるなら購入しない。
そういう判断ができるようにしましょう。

収益不動産は、騙されたら自己責任になります。

おこる旦那さん

今回のお客様は、家賃と支払いのシミュレーションをする時には、家賃が〇年の間で〇%程度下がっても耐えられるような計算をしているそうです。
なるほど!
実に固い考え方であり、お手本のようなシミュレーションだと思います。
不動産営業マンになれば、お客様に心から感謝されます(笑)

先日、他の方からのご相談もありました。
大手ハウスメーカーさんの提示したシミュレーションでは、10年後の家賃が、当初家賃10万円から2千円下がるだけでした(笑)
これは傑作です。というよりもお客様を小バカにしているのではないかと考えることもできます。

今回、ご来店されたお客様にこの話しをしたら「そりゃ、ありえないね。」と苦笑気味でした。
うん。よくわかってらっしゃいますね。
収益不動産は「収益」を生んでこそ初めて価値があるものです。

相場下がってます

家賃収入でローン返済を賄い、上積部分が収入になるのですから、シミュレーションは厳しく見ておくべきなのです。
今回のお客様は実に固い考えを持っていて、損するときは勇気をもって損切りし、良い部分はどんどん伸ばすという考えを持たれていました。
とても良いと思います。

さらに、自分がお亡くなりになったときのことを想定して、自ら遺書を書こうと家族に提案したり、自ら率先して動いている姿勢は、とても良いことだと思います。
素晴らしい方だなと素直に思いました。

当社では、「人生まるっとパートナーする」を目指しております。
税理士、弁護士、司法書士、保険プランナーなど各種士業と連携しています。
ご相談お待ちしております!

最後までお読みいただきありがとうございまっす。

ずっと下のほうにある『コメント欄』へ一言いただけると幸いです。
みなさまの一言がとても励みになります。


いつも本当にありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!みんなハッピー
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次