MENU
■不動産 ■空き家管理 ■終活 ■相続 お困り解決の先生です まずは無料相談から始めましょう!

昨日は、入学式でした。【府中市の不動産屋さん】

府中市『不動産 売買・終活・相続の先生』が綴る本音満載ブログです!

昨日は、娘の小学校新一年生の入学式でした。

写真はデジカメとビデオで撮ったのでスマホに無し。なのでアップしません(笑)。
やっと娘が一年生になって、毎朝の送迎が無くなりました(笑)。
それはそれでさびしい感じですが、その分はこれから違うことに力を入れて行けるので、やはりプラス思考で考えていこうと思っています。
で、朝、お兄ちゃんと仲良く通学したのですが、昨日、入学式・始業式を終え、本日が最初の授業となるので、毎度おなじみ記念写真をパシャ!

うん。実に良い。
最初生まれたときはあんなに小さかったのに、二人ともとても大きくなりました。
お兄ちゃんはもう3年生だから、そろそろ親離れの気持ちが育ってくるころですね。
小学校5年生くらいになったら絶対に自分の部屋がほしいって言うに違いない(笑)。
その時は、心の成長をうれしく思います。
さて、昨日の入学式の途中で2年生の子供たちが合唱とかをしてくれました。
これがとても良くて、、、。心打たれました(笑)。
で、その合唱を聞きながらツーマ(妻)が涙を流していました。
とてもうれしかったんだろうね。
こういう気持ちって自分が小学生の時は全く感じませんでしたが、親になると子供たちが一生懸命やってくれた事がすごくうれしく思えます。
やっぱり、自分が経験してきたことが思い出され、その努力とか大変さが理解できるというのもその理由の一つなのでしょうね。
家族を幸せにするにはどうしたらいいのか。
「パパは仕事を一生懸命にする」というのは当たり前のことですが、その基本はまず「家庭の環境、家庭の中の教育がいの一番に大切」だと思います。
それは、よく言われる親の愛情というものだと思います。
愛情にもいろいろあるけれど、私の場合、悪いことは悪い。良いことは良いとメリハリをつけて教えることだと思います。
(もちろん、激怒りすることだってありますよ。それは我が子のためですからね。)

たまに見るんですけどね。
外出先で「あれ、買って!買ってぇ!!」と子供が駄々をこねてしまって、親がどうしようもないから、しぶしぶ物を買ってあげておとなしくするとか、、、。
お家でお菓子がほしいからって毎度泣きじゃくる子供にすぐにお菓子を上げておとなしくさせるとか。
これ、私は良くない事だと思います。
場所をわきまえた一時しのぎのテクニックとしては良いと思っているのですが、これをあまりに頻繁にやっていると、子供は駄々をこねれば、怒りを思いっきりぶつければ、親(人)は自分のいう事を聞いてくれるという様に誤解して育ってしまう可能性があるからです。もちろんやり方次第ではとても良い方法ですけどね。
このような事は学校では教えてくれません。
だからこそ、日々一緒にいる親が子供の言動・行動に対して、心を強く持って教育をしていかないといけない。つまり、教育をする側は、自分の心に勝たないといけないと思うのです。
心が負ければ、子供の言いなりになってしまい、長い期間を経てその子供の性格を形成していくとなると、これはとても怖いことです。
親が、子供を正しい方向に導き、その成長した子どもが他人や親に対し優しく出来る人間になれる。
その輪が広がって、社会はより豊かなものになるのだと思います。
だから、私は子供が非常識なわがまま言うときは、突っぱねてもいいと思っています。
突っぱねた後、自分が悪いことをしたんだって理解して反省することができたら、思いっきり抱きしめてあげればいいんです。
それは、親しかできない、親だからこそできる教育だと思います。
※突っぱねるというのは、暴力で突っぱねるのではなく心を突っぱねるってことね。
私の持論を書きましたが、教育方法はどれが正しくて、何が間違いということではないと思います。
それはみんなの顔が違うように、育て方だって全部違って当然なんだから。
だから、うちはうちのやり方で子供に愛情を注いできたように、これからもしっかりと愛情を注いでいきたいと思っています。
我が子には、人の喜怒哀楽がわかり、困った人がいたらちゃんと手を差し伸べてあげることが出来る豊かな心を持った人間に成長する事を期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次